春の匂い

面白さと難しさは共生している先日春先の東京へ行ってきた。雪解けがぐんと進んで土や木々の芽などの動きも活発になってそれらが混ざり春の匂いが増している。春の匂いと一言にするのは都合が良いのかも知れない。その匂いはと聞かれたところで、これですよと瓶の蓋を開けて見せることができない。匂いには様々な気持ちが詰まっ…

日本で最も美しい村 季刊誌取材 鶴居村編 最終回

鶴の鳴き声雪裡川へ。前日の夜、仕入れたチーズとワインで長いこと話をしていた。眠気は寒さで吹っ飛んだ。車で十数分、丹頂の人気撮影スポットの雪裡川に掛かる橋を訪れると既に大型バスやキャンピングカーで駐車場は埋まってきていた。駐車場の隅に止めてカメラをぶら下げて歩くと頬がピリピリと寒さにしみて痛い。橋の上に着…

日本で最も美しい村 季刊誌取材 鶴居村編③

朝のよく冷えたく空気を吸い込み噎せ返る道東の冬の朝は気持ちいい。放射冷却によって前日の夜には-18度くらいまで気温が下がったようだ。朝食を摂り出発時間まで宿泊先の近くを流れている川まで散策すると木々に霧氷がついて陽射しの中で眩しく光っていた。実に清々しい朝だと深呼吸するとあまりの冷たさに噎せ返ってしまう…

日本で最も美しい村 季刊誌取材 鶴居村編②

取材初日の晴天眩しいほどの快晴。気温は低く背中にお天道様のじんわり温かな日差しを逃さないようにと思いながら駅まで歩く。歩くといっても数分だ。バスターミナルで鶴居村役場までのチケットを買い時刻を確認し駅前にある立ち食いそば屋さんで朝食。かけ蕎麦とザンギ。立ち食いながらゆっくりと食べた。食後駅構内の喧騒を眺…

日本で最も美しい村 季刊誌取材 鶴居村編①

真冬の北海道へいざ!先月の中旬に「日本で最も美しい村 季刊誌」の取材で北海道阿寒郡鶴居村へ。久しぶりの北海道とはいえ、1年ぶりか。集合時間を考慮して釧路で前泊することにした。出発当日は毎度お決まりの荒天模様。吹雪が酷い。高速道路で猛吹雪にみまわれながら秋田空港へギリギリに到着したものの、搭乗する…

水たまりの底までビシッと凍ってる

久しぶりの道東@釧路明日から撮影で釧路までやって来た。秋田空港で滑走路の除雪作業の為30分遅延した。千歳発の釧路行きまでには乗り継ぎできない可能性が高いと…

  • 44 view

おすすめのコーヒーについて

味わってもらいたいコーヒー「おすすめのコーヒーは?」と聞かれ答えに迷ってしまうことがある。私個人的には全く迷っていないのだが、飲み手が欲している「おすすめ…

  • 75 view

よく冷えた朝には

蛇口からお水が出なくなるここ数日間よく冷えた。-15度を下回った。ストーブを焚いていてもいつもより寒いし、雪の上を歩くとキュッキュと鳴くのだからまるで北海…

  • 21 view

雪降る夜、コーヒーと石焼き芋

甘い香りは共通点だがこだわり抜いたものではなく、ごく普通の石焼き芋とコーヒーを両手に持って窓の外を眺めながらもぐもぐしている時に「甘い香りはどちらもあるけど、…

  • 75 view

Happy New Year 2018 !

お正月の過ごし方毎年のお正月の過ごし方が、まるでお正月になっていない。年末年始もなく仕事しながら過ごしている。いつの日かお餅食べたり凧揚げなどをしてみたい…

  • 22 view

来年が幸運でありますように

フィードバックの仕方今年も例年通りにあっという間に年末になった。果たして「あっという間」が良いのか悪いのかは分からないが目紛しく走ってきたように感じている。日…

  • 16 view

カリントスキー

思い出したように食べ始めるひっそりと隠していたわけではないが小さい頃から「かりんとう」が好きなのだ。なんと言えば良いか、絶妙なバランスと味わいなのだ。黒糖の香…

  • 25 view