6月1日

  1. COFFEE
  2. 113 view

先月末から春ゼミとホトトギスが鳴き始めた。今年はまだアカショウビンは見かけていないけれど、来ないのかなと少し寂しい気持ちでいる。あの澄んで綺麗に響くこだまのような鳴き声は毎年の楽しみだからつい窓の外に耳を澄ましてしまう。

早いもので6月になった。
草木は勢い良く生い繁り2回目の草刈りをした。お店の横に植えた薔薇は今年も花芽をたくさん付けているので明後日くらいには咲くのだろう。薔薇を植えて3年目になり少し太くなった根本が頼もしい。

さてコーヒー豆も新豆が届いたり、新しい豆も届いたりと香りにも賑わいが出ている。どこをもって美味いと言えば良いのか悩ましいところではあるけれど、こんな香りも隠れていたのかと自然の恵みに想いを馳せたりしている。どこまでも続いていく細い山道や、砂埃を巻き上げて車内が真っ白になるような乾いた砂利道も私の中ではコーヒーの一幕だ。そんなことを思い出しながら飲んだりしていると、あの車内の匂いまで蘇ってきて思わずむせ返りそうになる。

コーヒーがカップに注がれるまでと同じように、私がコーヒー豆にたどり着くまでも険しかったなと、コーヒーの揺らめきを眺めている感じがする。

たかだかコーヒーのことを考えるたびに、景色や食べ物、会話や笑い声までが聞こえてくる。これらをどう外へ出していくのか、コーヒー豆からだけでなく、もっと自分自身からも抽出をしなければと思っている。コーヒーや写真の仕事を通して様々な経験をさせてもらっているから多角的に視点を移動することが少しはできるようになったと感じているが、なかなか上手く行動できないでいるもどかしさと戦っている。

夜にはカエルは大合唱であり、あまりの音量にまるで宙を浮いているかのような錯覚をしてしまう。

秋田は気持ちの良い季節になった。

それではまた。

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

ペンの走る先は

今日は蔵の街・増田にある増田高校へ。社会人約30名と増田高校の2年生(春には3年生)150人とのグループトーク形式の交流会でした。高校生の時に憧れ…

  • 260 view

秋模様

9月が過ぎる。そう思って慌てて書き始めるくらいならと、これでも少しは反省している。自分で決めて動くのだけど、その通りにならなさ過ぎてしまうと「やれない理由…

  • 240 view

ホールインワン

思い描くところでパチンと音が鳴るように焙煎が上手く仕上がると嬉しいものだ。そしたらドリップやエスプレッソだって狙いを定めたらもっと素敵なコーヒーの準備ができる…

  • 171 view

大晦日

そうそう忙しくないのに、追われていたことに気付くと大晦日だ。先週の大雪では毎日除雪に追われて仕事も後回しにな李、今朝も昨日からの雪に呑み込まれている。年末の慌…

  • 234 view

蜃気楼のように湧き上がってきた時間

朝から雨が降っていた。昼頃には少しの間土砂降りになったが久しぶりに土の中まで潤ったんじゃないかな。午後には幾らか青空が見えてきたけれど澄んだ空気は冷たくなっていた。周…

  • 199 view

桜が咲きましたよ

りんご畑の消毒の音と山里の桜数日前から陽気なお天気で、思わず半袖になってしまいそうな気温がとても良かった。しかし昨日から薄曇りの小雨模様になり気温は低…

  • 261 view