6月1日

  1. COFFEE
  2. 178 view

先月末から春ゼミとホトトギスが鳴き始めた。今年はまだアカショウビンは見かけていないけれど、来ないのかなと少し寂しい気持ちでいる。あの澄んで綺麗に響くこだまのような鳴き声は毎年の楽しみだからつい窓の外に耳を澄ましてしまう。

早いもので6月になった。
草木は勢い良く生い繁り2回目の草刈りをした。お店の横に植えた薔薇は今年も花芽をたくさん付けているので明後日くらいには咲くのだろう。薔薇を植えて3年目になり少し太くなった根本が頼もしい。

さてコーヒー豆も新豆が届いたり、新しい豆も届いたりと香りにも賑わいが出ている。どこをもって美味いと言えば良いのか悩ましいところではあるけれど、こんな香りも隠れていたのかと自然の恵みに想いを馳せたりしている。どこまでも続いていく細い山道や、砂埃を巻き上げて車内が真っ白になるような乾いた砂利道も私の中ではコーヒーの一幕だ。そんなことを思い出しながら飲んだりしていると、あの車内の匂いまで蘇ってきて思わずむせ返りそうになる。

コーヒーがカップに注がれるまでと同じように、私がコーヒー豆にたどり着くまでも険しかったなと、コーヒーの揺らめきを眺めている感じがする。

たかだかコーヒーのことを考えるたびに、景色や食べ物、会話や笑い声までが聞こえてくる。これらをどう外へ出していくのか、コーヒー豆からだけでなく、もっと自分自身からも抽出をしなければと思っている。コーヒーや写真の仕事を通して様々な経験をさせてもらっているから多角的に視点を移動することが少しはできるようになったと感じているが、なかなか上手く行動できないでいるもどかしさと戦っている。

夜にはカエルは大合唱であり、あまりの音量にまるで宙を浮いているかのような錯覚をしてしまう。

秋田は気持ちの良い季節になった。

それではまた。

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

梅雨の神戸

インドネシア・ブラジル会先日に神戸へ行ってきた。梅雨の神戸は出発した秋田よりは涼しかったが湿度高めであったが風が吹いていて心地よかった。伊丹空港からバスで三宮…

  • 345 view

甘酸っぱいエスプレッソ

吟味する素材の持ち味を知ること。それに尽きるところだが、それを知ろうとすると多方向からのアプローチは必要だ。カッピングから始まり、ドリップで抽出時間や温度、粒度を…

  • 268 view

抽出されたコーヒーの中には

たくさんの人の手遅ればせながら「A FILM ABOUT COFFEE」を観た。生産地へ訪問し始めてから見てきたものが画面に映っていた。知らない内に色々な体験をさせて…

  • 127 view

自分が住んでいる街について

人と街毎日コーヒーや写真やカレーを追いかけたり追われたりしているのだが、ふと自分はどこへ向かうのかと考えることはしばしばある。自分が育った街に戻ってき…

  • 225 view

雪国に暮らすということ

春を待つ楽しみ雪国に生まれ育った私はいつの間にか春を待つことが楽しみになっている。「春を待つ」という言葉もいい雰囲気だ。秋の紅葉が終わりを迎える頃に冬支度が少し進んで…

  • 136 view

五感フル活用ノ焙煎

何やら虫が多い。外は風が止んでしまい室内温度がぐんぐんと上昇していく。窓を開けて空気の流れを作るがそれでは足りなくてエアコンを稼働させてみるがまだ足りない…

  • 311 view