ブラジル新入荷

  1. COFFEE
  2. 251 view

Fazenda Recreio イエローブルボン亜種

今回新しく入荷したコーヒー豆は「ヘクレイオ農園 パルプドナチュラル」です。今まで取り扱っていた「アルトアレグレ農園」は残り僅かになりましたので、なくなり次第こちらに切り替わります。コーヒー生豆は一般的に麻袋に入っておりますが、こちらはイノベーションバッグと呼ばれる、厚めのクラフト紙に近い素材が使われており、内部にはしっかりとビニールで生豆がパックされています。

【 イノベーションバッグ 】
BOURBON SPECIALTY COFFEE社(輸出業者)がUFLA連邦大学と連携して作ったコーヒー生豆専用バッグです。品質劣化を極力抑えながらも長期保存性に優れ、保管・輸送可能な革新的なバッグです。バキュームパックと同等の効果でありながら低コストとして現在注目されている。

ここの農園は、2年前に訪れたサンタアリーナ農園と隣接しており味わいも少し似ているのかと感じています。グレープやカシス、ローストアーモンドの様な複雑でしっかりとしたフレーバーがあります。軽やかに広がる酸はオレンジの様なジューシーさを感じ、冷めてくるとミルクチョコの風合いを感じ取れます。

焙煎は浅めに仕上げてみました。軽やかさが心地良いので、あまり時間をかけずに抽出した方が特徴を感じやすいかも知れません。焙煎が浅めのコーヒーですが、ミルクやお砂糖を入れてもしっかりと旨みを楽しめると思います。浅めの焙煎は酸味が強いと懸念されている方に是非体感して頂きたく思います。コーヒーの酸味の感じ方は様々ですが、抽出スピードをコントロールすることで味わいの重さや酸の感じ方が変化します。

明日以降には横手店店頭でもお求め頂けます。今週から来週中にはオンラインショップへ掲載いたしますので是非お試しください。

関連記事

ブラジルで見た黄色い小鳥

甘酸っぱくジューシーなブラジルが飲みたくて焙煎する前に色々と考えた。考えてばかりでも辿り着けないからと焙煎機に火を入れる。暖気運転している間に生豆をじっと見ていると、…

  • 223 view

スペシャルティコーヒー豆の焙煎は面白い

スペシャルティコーヒー豆が持つ個性を知る思い出コーヒー豆の焙煎はいつもワクワクする。学生の頃にコーヒー豆屋さんに買いに出かけ、カウンター前で豆のことを聞くのが好き…

  • 858 view

NIIGATA COFFEE FESTIVAL 2017 A…

やっぱり車中は楽しい先日、3月にも開催された「NIIGATA COFFEE FESTIVAL」へ2回目の参加をしてきた。夕方まで仕事をしてからの出発になり…

  • 219 view

考える時間

いつも同じでないことへの理解カップに入ったコーヒーや豆は見た目はなんでも同じように思われていることがまだまだ多いように思う。コンビニやスーパーのコーヒーや、近…

  • 282 view

北海道出張①

久しぶりの景色と匂いが身に沁みるさて、そろそろ北海道のことを書いていこうと思う。自身の備忘録を兼ねて走り書きのように書いていくので読みにくいこともあると思…

  • 192 view

甘酸っぱいエスプレッソ

吟味する素材の持ち味を知ること。それに尽きるところだが、それを知ろうとすると多方向からのアプローチは必要だ。カッピングから始まり、ドリップで抽出時間や温度、粒度を…

  • 262 view