コーヒーについて

  1. COFFEE
  2. 324 view

10月に入り朝と夜は寒くなった。
そろそろストーブに火を着けたいと悩んでしまう気温だ。だから長袖を着て机に向かっている。

先日、久しぶりに神戸へ行きコーヒーを色々と味わってきた。
今回は福井県からEnzo coffee 西野さんも参加して賑やかになった。
その前にどうしてもカレーが食べたくて到着時間に遅れてしまい松本さんに怒られた。松本さんと会うのは一年と少し振りだ。こんなに合わなかったこともなかったと振り返る。お元気そうで何より。(株)マツモトコーヒーさんでたくさんカッピングする豆を用意して頂き悩ましくカップしてきた。おかげで良い豆を仕入れてこれた。

カッピングをして色々とお話をして、晩御飯をご一緒し、お酒も少し飲んだ。
そう書くとまるで遊びに行ったかのように見えちゃうが、その中で考えることは気持ちの中でどんどん大きく膨らんでいった。

あれこれ書くと混乱するので割愛するが、味と香りだけを追求していくと思わぬ方向へ行ってしまうことがあると考えている。たくさんのお店のことはわからないが、コーヒー豆のことは少しは分かるようになったから考え方にも色々と変化が生まれてきたのかも知れない。先程に「味と香りだけを追求…」なんて書いたばかりだが、もっと目の前のコーヒーに集中しようと思っている。もちろん味も香りも大切なのは理解しているつもりだが、それ以外でということだ。

そのコーヒーは「何のためなのか」という自分自身の本質的な場所へ集中しようと思う。もう少しコーヒーを考えてみたくなったのだ。ある意味では自分本位になり、時には自分から抜け出してコーヒーと接してみたい。綺麗なだけでは急につまらなくなってしまう。もっともっと居心地の良いコーヒーがあるはずだ。

帰りがけにお休みのところの『HiTo Coffee Beans』さん、お邪魔させて頂きありがとうございます。
また遊びに伺います。

それではまた。

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

ある子猫の生涯

虚無と花子猫が倒れていた。目脂と涎で顔は汚れ失禁していて時折思い出したように苦しく深く息をし、まるで嗚咽するかのようだった。瞳孔は開き血色無く身体は冷…

  • 396 view

落ち葉とコーヒーの香り

空気が冷たくて気持ちがいい夕方の散歩が日課になりつつあって歩くとこんなにも寒くなったかと夏を思い返す。夏の酷暑を思い出そうとするのだが、なかなか出てこない…

  • 287 view

屋根に雨音が響いている。しかし…

新型コロナウィルスは自分の首まで絞めさせるのか春先の景色にしては雪解けが早い。近くの側溝に流れる水の勢いは割と穏やかで緑が広がり始めた。賑やかだったフキノトウやフ…

  • 346 view

自分が住んでいる街について

人と街毎日コーヒーや写真やカレーを追いかけたり追われたりしているのだが、ふと自分はどこへ向かうのかと考えることはしばしばある。自分が育った街に戻ってき…

  • 214 view

ある日のコーヒーの香り

秋の夕暮れコーヒー日が暮れ始めると途端に寒くなってくる。あっという間に10度くらいまで下がりそろそろストーブの準備をしなくてはと思うこの頃だ。店内は焙煎機…

  • 277 view

動機という力

「動機」という言葉が持つパワー感が凄い。動機の有る無しは結果に作用し、それは欲したところで簡単に手に入る類ではない。何となくでは届かない領域といってもいい…

  • 176 view