コーヒーについて

  1. COFFEE
  2. 246 view

10月に入り朝と夜は寒くなった。
そろそろストーブに火を着けたいと悩んでしまう気温だ。だから長袖を着て机に向かっている。

先日、久しぶりに神戸へ行きコーヒーを色々と味わってきた。
今回は福井県からEnzo coffee 西野さんも参加して賑やかになった。
その前にどうしてもカレーが食べたくて到着時間に遅れてしまい松本さんに怒られた。松本さんと会うのは一年と少し振りだ。こんなに合わなかったこともなかったと振り返る。お元気そうで何より。(株)マツモトコーヒーさんでたくさんカッピングする豆を用意して頂き悩ましくカップしてきた。おかげで良い豆を仕入れてこれた。

カッピングをして色々とお話をして、晩御飯をご一緒し、お酒も少し飲んだ。
そう書くとまるで遊びに行ったかのように見えちゃうが、その中で考えることは気持ちの中でどんどん大きく膨らんでいった。

あれこれ書くと混乱するので割愛するが、味と香りだけを追求していくと思わぬ方向へ行ってしまうことがあると考えている。たくさんのお店のことはわからないが、コーヒー豆のことは少しは分かるようになったから考え方にも色々と変化が生まれてきたのかも知れない。先程に「味と香りだけを追求…」なんて書いたばかりだが、もっと目の前のコーヒーに集中しようと思っている。もちろん味も香りも大切なのは理解しているつもりだが、それ以外でということだ。

そのコーヒーは「何のためなのか」という自分自身の本質的な場所へ集中しようと思う。もう少しコーヒーを考えてみたくなったのだ。ある意味では自分本位になり、時には自分から抜け出してコーヒーと接してみたい。綺麗なだけでは急につまらなくなってしまう。もっともっと居心地の良いコーヒーがあるはずだ。

帰りがけにお休みのところの『HiTo Coffee Beans』さん、お邪魔させて頂きありがとうございます。
また遊びに伺います。

それではまた。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

好きと、美味しいコーヒー

自分の「好きと美味しい」はどこからやって来るのか?言葉の意味だけでは然して面白味もなく、端的になってしまう。「好きと、美味しい」はどちらも似ていて状況などによって…

  • 272 view

甘酸っぱいエスプレッソ

吟味する素材の持ち味を知ること。それに尽きるところだが、それを知ろうとすると多方向からのアプローチは必要だ。カッピングから始まり、ドリップで抽出時間や温度、粒度を…

  • 188 view

カッピングスプーン

コーヒー豆を知ること仕事柄コーヒー豆について色々と聞かれることが多い。香りや味わいはもちろん、栽培のことや精製方法や生産地でのこと、また技術的なことも然り、色…

  • 386 view

コーヒーの香りで旅気分

香りで思い出す景色いざ生産国へ行くとなると緊張気味になる。どんなところでコーヒーが育っているのか、どんなコーヒーが待っているのか楽しみでならないのだが。しかし…

  • 51 view

ホールインワン

思い描くところでパチンと音が鳴るように焙煎が上手く仕上がると嬉しいものだ。そしたらドリップやエスプレッソだって狙いを定めたらもっと素敵なコーヒーの準備ができる…

  • 96 view