コーヒーについて

  1. COFFEE
  2. 352 view

10月に入り朝と夜は寒くなった。
そろそろストーブに火を着けたいと悩んでしまう気温だ。だから長袖を着て机に向かっている。

先日、久しぶりに神戸へ行きコーヒーを色々と味わってきた。
今回は福井県からEnzo coffee 西野さんも参加して賑やかになった。
その前にどうしてもカレーが食べたくて到着時間に遅れてしまい松本さんに怒られた。松本さんと会うのは一年と少し振りだ。こんなに合わなかったこともなかったと振り返る。お元気そうで何より。(株)マツモトコーヒーさんでたくさんカッピングする豆を用意して頂き悩ましくカップしてきた。おかげで良い豆を仕入れてこれた。

カッピングをして色々とお話をして、晩御飯をご一緒し、お酒も少し飲んだ。
そう書くとまるで遊びに行ったかのように見えちゃうが、その中で考えることは気持ちの中でどんどん大きく膨らんでいった。

あれこれ書くと混乱するので割愛するが、味と香りだけを追求していくと思わぬ方向へ行ってしまうことがあると考えている。たくさんのお店のことはわからないが、コーヒー豆のことは少しは分かるようになったから考え方にも色々と変化が生まれてきたのかも知れない。先程に「味と香りだけを追求…」なんて書いたばかりだが、もっと目の前のコーヒーに集中しようと思っている。もちろん味も香りも大切なのは理解しているつもりだが、それ以外でということだ。

そのコーヒーは「何のためなのか」という自分自身の本質的な場所へ集中しようと思う。もう少しコーヒーを考えてみたくなったのだ。ある意味では自分本位になり、時には自分から抜け出してコーヒーと接してみたい。綺麗なだけでは急につまらなくなってしまう。もっともっと居心地の良いコーヒーがあるはずだ。

帰りがけにお休みのところの『HiTo Coffee Beans』さん、お邪魔させて頂きありがとうございます。
また遊びに伺います。

それではまた。

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

遠い国でのこと

農園に響く生き物の声朝早くに目が醒めてゲストハウスから一歩踏み出せばそこにはコーヒーの木々がたくさん育っている。農園は夜明け前に降った雨によってしっと…

  • 118 view

春景色のゴールデンウィーク

GWも後半すっかり春景色に包まれた湯沢市もGWで帰省中の方々が多く訪れている。心なしかGWに桜は間に合ったものの散るのが早いかとも感じたが、この儚さも美し…

  • 426 view

梅と桜の蕾が膨らんで

春を待っていた4月に入りあっという間にそろそろGWといった雰囲気になった。今年は10連休だそうで、とにかく長いね。羨ましい。それはそうと先日は綺麗な満月の…

  • 260 view

忘れ草

梅雨明け、湯沢、夏のひとり言梅雨明けして夏になった。梅雨明けしたら夜は涼しくなり虫の鳴き声が響いている。空の雲は秋のように広がって夏がそろそろ終盤近くに感…

  • 153 view

考えているうちに冷めたコーヒーの味

雨音を聞きながら本を読んでは涙し、映画を観ては涙する。もう少し若い頃には感じもしないことだった。寒いなと思っていたら駒ケ岳で初冠雪したようだ。里山も紅葉に包まれて…

  • 299 view