よく冷えた朝には

  1. DIARY
  2. 54 view

蛇口からお水が出なくなる

ここ数日間よく冷えた。-15度を下回った。
ストーブを焚いていてもいつもより寒いし、雪の上を歩くとキュッキュと鳴くのだからまるで北海道にいた頃を思い出した。朝、いつものようにコーヒーを飲もうとポットにお水を入れているときに蛇口から出るお水の勢いがどんどん無くなりピタリと止まってしまった。

水道屋さんに来てもらい応急処置はしてもらったもののお店の水道は復旧しない。どうやらお店に引いている水道管がむき出しのようで広い範囲で凍結しているのかも知れないとの事だった。見える範囲でお湯をかけてもらったりしたのだが一向に出ないまま3日が経った。昼間の気温が2度くらいで、夜にはまた-10度ほどになる。もし自分が日陰の缶の中にある氷であるならまず解けないだろうと想像に難くない。

放射冷却の夕方は本当に綺麗な空を見せてくれる。
いつも捻れば爽快に出てくれるお水はどれほど有難い物だったか。便利な世の中が当たり前になりつつ、捻ってもウンともスンとも言わぬ蛇口を睨みつつため息が漏れる。便利になると考えなくなるもんだ。不便になってどうしたものかと考えるようになる。便利さとはなんだろう?

近所のホームセンターで小さな温風ヒーターを購入し水道管のある床下へ設置してみた。
そして昨日の昼間は気温がぐんと上がった。夕方にお店の蛇口がポコポコと音を鳴らし始めた瞬間、飼い主が戻ってきた犬の如く駆けつける。

ただそれだけのこと。
水道からお水が出ただけでこんなにも嬉しいものか。この喜びは忘れてはいけないと思った。キンキンに冷えているお水で手を洗うと痺れるほど冷たい。でも嬉しいかった。いつもそこにあるものに支えられて生きているんだ。

お水が美味しい。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

梅に四十雀

大きめのカップ1杯分の分量GWは気持ちの良い天候に恵まれていて、お花も見頃の様で楽しい連休になっているかと思う。私はちょこまかと5月1日のリニューアルオープン…

  • 117 view

夕焼け小焼け

空が桃色になる「夕焼け小焼け」の「小焼け」は北原白秋の造語だった可能性があると何かで読んだのを思い出した。写真では桃色と紫が強く写し出されたが、本当は…

  • 142 view

2019

年が明けて思うこと多し年が明けてお正月だ。それぞれに過ごす楽しいことも多い時期かも知れないな。私てきにはいつもと変わらないお正月になっている。コ…

  • 336 view

朝霧の中で鳴く虫の声

言行不一致1日が素早く過ぎていく感じに追い付けていないのか、または追われているのかどうかなどはどうでもよいのだがとにかくあっという間だ。考える事ばかりで手足が…

  • 41 view

桜はもう

コーヒーと恋愛春になるとなんとなく口ずさんでしまう歌がある。サニーデイ・サービスの『東京』というアルバムは1996年に発表された。もう21年前になるけれど…

  • 127 view