日本で最も美しい村 季刊誌取材 高山村編④

  1. 日本で最も美しい村
  2. 63 view

寒空とリンゴの美味しさはよく合うものだ

時折戸外を警邏する。取材中でも皆を守る姿勢を崩さない。
いつ何時でも油断大敵なご時世だ。

宿泊先の山田温泉「風景館」の女将さんを取材。
看板犬のななこちゃんはいつもそばで見守ってくれている。ラウンジではマキストーブが静かに燃えていた。

前日は雨で外での撮影ができなかったので晴れ間を見つけ撮影する。高山村産のワインを持ちながら。

村のあちこちにブドウ畑やリンゴ畑がある。夕方の陽射しに照らされてじんわりと暖かい。

気温が次第に下がり歩いていないと寒くなってきた。標高は約600mほど、秋田よりも寒いんではないか。

村の温かなコミュニティがあった。

「サロン」と書かれた厚紙製の表札がある。室内では今年のリンゴの出来栄えや世間話で賑やかな時間が流れている。店内でコーヒーを買い、じっくりとした時間が流れていた。

雰囲気の良い小さな細い路に雰囲気の良い草花がある。

「サロン」では名物の「おやき」と採れたてのシナノスウィートをご馳走してくれた。パリパリと歯触りが良くて、甘く香りが良くて、本当にジューシーだった。あれからというものリンゴをよく食べるようになった。お土産にたくさんリンゴを頂いた。

すっかりと夕暮れに。
空がまだ明るいが雲は低く垂れている。

この日締めの取材は村長。
穏やかな話し方や佇まいに、こちらまで落ち着いてしまう。言葉の厚み重さは感じるものだろうな。こういうものはどうしたら写真に写るのだ?と話を聞きながら考えていた。村長室を照らす明かりの中でこの2日で駆け回った景色が回想しながら村長の言葉と声で写真のイメージを持ちたいと思った。またしても答えが難しいことばかり持ち出してしまう。

けれど撮影は至ってシンプルにしたいのだ。
そのままが一番美しいってことが往々にしてある。生身が温度を伝えやすいのだ。

美しさは何通りもある。
演出されたものは時に溜め息すら出ることもある。

しかし、素の美しさは体内に響くものだ。
そういうものは自分では分かりにくいからいいのかも知れないし、だから守られるものだと思う。

そういうものに触れることはそう多くはない。そういうものに出会いたい一心なのだ。

コーヒーと写真に囲まれている毎日。日本中を取材したり、海外でコーヒー豆の買い付けを行なっている。いつの日か観光したい。

記事一覧

関連記事

出張で@長野県

日本で最も美しい村 季刊誌取材昨日の夕方に出発して夜の24時頃に長野駅までやって来た。明日からというか本日から「日本で最も美しい村」連合の季刊誌取材があるのだ…

  • 61 view