日本で最も美しい村 季刊誌取材 大蔵村編②

  1. PHOTO&DESIGN
  2. 170 view

雨に煙る肘折温泉

翌日は台風の影響もあって雨。時折強い風に大粒の雨が飛ばされてくる。
こうなると撮影場所も限られてしまい頭を抱えるが、傘をさしながら雨ニモ負ズニテクテク歩くことにした。

空から雨が降ってきているが花は綺麗だ。雨は横からもやってくるので、いつの間にか衣服はビショビショになっている。

雨音を聞きながらのインタビュー。

少しの晴れ間に急ぎ足で撮影する。場所の雰囲気に合わせると写真的には露出アンダーになる。それを譲り合いながら露出を詰めていく。

温泉街のスナップもするのだが雨の中歩きながら植物に目がいく。インタビュー時の話を思い返しながら温泉街をスナップしていく。

夕方までじっくりと撮影をして、その後大蔵村役場で集まっている若手農家の集まりを取材した。見るからにエネルギーに溢れた方達だった。若手なりの理想と現実を楽しもうとしている姿は取材した各地でも少なくないが、こうした若手の集まりというのは地域の活性だけではなく勇気に変化していくのではないだろうか。こうしたメンバーがいるからこそ、帰郷を決断したり地域を支えたりする気持ちも芽生えると思う。若者の力は、時には乱暴横暴のように感情的だがコアには素直な気持ちがしっかりとある。そこに目を、耳を、気持ちを向けることは地域だけがすることでもなく一人一人がするべき箇所でもあると感じる。

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

温泉旅館@長野県

真っ直ぐな気持ちと複雑な道のり台風の影響もあったが無事に合流できた。雨風が強くなったり青空が見えたりと天気は目紛しく変化しながらいつの間にか静かな夜になっ…

  • 131 view

出張先で知ること

何を知るのかは自分次第目の前に広がっている、もしくは迫ってくることなど、どれを拾い上げていくかで何かが決まり動いていくのだ。ご当地の味わいの蓋を開けた時に香る…

  • 104 view

南阿蘇

南阿蘇鉄道九州は温かいと勝手な思い込みで随分と寒く感じる。秋田のように毎日マイナス気温や吹雪ではないことくらいは知っているけど、聞けばここは大体仙台と同じくらいの気温…

  • 113 view