月に照らされると見えてくるものたち

  1. DIARY
  2. 5 view

静かな夜

エアコンは数日前から切っている。日差しも鈍く天気は残暑といった雰囲気もない。
夏から秋へと季節は移ろいでいて近所のサクランボの葉っぱは黄色になり落ち始めた。

こうなると温かなコーヒーが嬉しい。カップからの立ち上る湯気に絡まる香りはいつもより上品にさえ思えてくる。こんな夜には香り強めのマンデリンや少し深めに焙煎したブラジルにお砂糖を入れたものがいい。個人的な好みだが。イマジネーションを掻き立ててもの作りする良い季節だ。

何はともあれ、コーヒーを美味しく楽しめる季節になってきた。

コーヒーと写真に囲まれている毎日。日本中を取材したり、海外でコーヒー豆の買い付けを行なっている。いつの日か観光したい。

記事一覧

関連記事

まるで梅雨時期のようなしっとり加減

ちりちりと咲く紫陽花や落葉など一日中どんよりとしたお天気の中、梅雨時期のようなしっとり加減の気温で時折パラパラと雨が降っている。カップの中には2杯目のコーヒー…

  • 7 view

雨の声

雨は物に当たって音がするシトシトと降る雨に音はないのだけど何かに打つかって音がなるということだ。とても心地の良いコラボレーション感じる。単体では声にならな…

  • 3 view

磨くということ

技術を磨くことと自分を磨くこと焙煎で思うようにいかず悩ましい日々を過ごしていた頃があった。もちろん今だって上手く出来ないこともある。しかし今思えば、技術と…

  • 11 view

いつか誰かの言葉が目覚める日

ハッとさせられる頭の片隅に置かれて埃を被っていたかのように、そういえばそんなこと話したなと思い出す。あの時話した中に印象に残っていた言葉の埃を払ってみる。シン…

  • 26 view

不思議な小さな世界

エッセンスエッセンスが欠けてしまうと何か感触がないような感覚になる。そのエッセンスはどこなのか?何事にもどこかに隠れていたりするのだが、なかなか姿を現…

  • 34 view