コーヒー生豆の香り

  1. COFFEE
  2. 2518 view

しっかりとしたフルーツ感

焙煎後のコーヒー豆の香りは芳しく果実に例えられたりカカオを想起させたり色々とある。
生豆の香りはというと、これも果実感が強いものから青臭さ、劣化していくと埃っぽさや大体好ましくない香りになってくる。その生豆の香りが自分好みだと期待値はグンと上がる。焙煎後の風味の変化やその出方が気になって仕方がない。とにかく焙煎してポイントを探っていくのだが、香りだけでなく味わいのバランスも考慮しないとならない。だからコーヒーは面白い。知れば知るほど面白く難しく果てしない。

そんなコーヒーのお話をしながらコーヒーを楽しめる時間を作りたいと考えている。コーヒーのことだけでなくてもよく、コーヒーのある楽しい時間だ。すっかり外は寒くなった。長袖を着ていても少し寒い。

秋だ。

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

雨の音が好き

屋根に落ちる雨粒の音予め断っておくが多少酔っている。本日のお酒は、富山県の「MASUIZUMI」というお酒。とても綺麗な味があり透き通ったお水のようだ。…

  • 373 view

不思議な小さな世界

エッセンスエッセンスが欠けてしまうと何か感触がないような感覚になる。そのエッセンスはどこなのか?何事にもどこかに隠れていたりするのだが、なかなか姿を現…

  • 345 view

忘れ草

梅雨明け、湯沢、夏のひとり言梅雨明けして夏になった。梅雨明けしたら夜は涼しくなり虫の鳴き声が響いている。空の雲は秋のように広がって夏がそろそろ終盤近くに感…

  • 236 view

桜はもう

コーヒーと恋愛春になるとなんとなく口ずさんでしまう歌がある。サニーデイ・サービスの『東京』というアルバムは1996年に発表された。もう21年前になるけれど…

  • 404 view