毎日カレー

  1. FOOD
  2. 75 view

レシピができるまでは毎日違う

玉ねぎの切り方、炒める火力や時間、スパイスの量や配合、煮込む時間など。何通りもあるのだからたまったもんじゃない。本屋に通ったりWebで調べたり、人に聞いたりをして数ヶ月間ほぼ毎日のようにカレーを作ってきた。途中飽きてきてパスタなどを食べてしまったが。。

ここにきてようやく少しまとまった味わいを感じられるようになった。そうなったらなったで欲張りなものだからもう少し良くしたいなどと味見を繰り返している。何だかコーヒーみたいだ。カレー屋さんも大変な仕事だ。何の仕事も同様だと思うが作りたいものがあればこそ面白いがそれに相応しいほどの壁が聳え立つ。そして絶妙なバランスが出来上がるのではないかとバランス作りのレシピを模索中だ。何となく作れば何となく美味しいカレーができる。一所懸命作れば一所懸命作ったカレーになる。何となくも一所懸命も、悪くはないが美味しいという主観から客観的へ向かう過程に、美味しいという指標は何なのか?という疑問が湧いてくる。カレーにおいて「美味しい」とは?

ここまでくるとコーヒーと一緒になって考えられるのではないかと思う。
焙煎や抽出にも似ているような気がする。コーヒーや写真、今はカレーにも色々と教えられている。もの作りということの本質を手探りで感じられるのは一苦労だが続けることが何よりも大切だろう。カレー屋さんになったつもりで、否、カレー屋さんになって調理するのだ。コーヒーからのフィードバックでカップしていくのだ。質感や酸味のキャラクター、香りなど、後から迫って大汗を引き出す辛味。この数ヶ月間、ほぼ毎日賄いでカレーを一緒に食べているスタッフは辛抱強い。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

いちご大福

大粒のイチゴと白あんの出会い本日のお差し入れに頂いた湯沢市の「御菓子司 わかさ」さんのいちご大福。香りからしてうっとりする。一口頬張るとジューシーな果汁が広がって優し…

  • 99 view

さしびろで鴨南蛮

秋田サシビロいつも素通りしていたのだけど、どうしても気になって購入。「さしびろ」は調べもせずただただ気になる食材で眺めていただけの野菜。ニラのように細くて長く、そして…

  • 72 view

イイカゲンカレー

いつの間にか身に付くほどカレーを食べている昨年10月からcaffe gita yokoteのメニューの仲間入りをしている「カレー」が、この頃はとても好評を頂いており心…

  • 333 view

遅い夕食

近所で美味しいラーメンが食べれる幸せよ。アリラン カルビキムチラーメン。…

  • 62 view

賄いマトンカレー

自画自賛で楽しむのが上達するコツお昼の賄いは楽しみながら作る。レパートリーは少ないがバリエーションは広がってきている。パスタとカレー、お味噌汁、たまにガパ…

  • 59 view

芋焼酎

コーヒーを表現する時のために色々な果物やお酒を試す何とも言い訳がましいキャッチが憎めない。はは。最初はどのお酒も苦手だった。特に日本酒、特に香りが駄目だったし味わいも…

  • 321 view