カスタマイズコーヒー

  1. COFFEE
  2. 361 view

いい加減に草刈りをしなければと思い、外へ出て確かめてみたら思いのほか茂っていて驚いた。
ここまで伸びていたら半日はかかるな。

夏に向けて草木だって我先にと太陽に手を伸ばしているのだろう。その気持ちがわかるほど伸びていた。夏に向けてといえば、そろそろ湯沢店のメニューにもコールドブリューを加えようと思う。あまり量は作らないが爽快なコーヒーにしようと思っているのでお楽しみに。

今朝はコロンビア ブエナビスタ農園をエスプレッソのメッシュに合わせて極細のパウダー状に挽いたものをハンドドリップしてみた。一口飲んで色々と考えさせられた。まずは味の情報量の多さと、透明感が際立っている。香りはもともと高く派手さがあるがここまで細かくお湯に浸っていると香りは少々変化してしまったように思う。過抽出感は否めないがドリップの場合はある程度の粗さも必要だと改めて感じる。

エスプレッソの抽出はシビアなものだが、如何にエスプレッソの抽出が理に適っているかを感じるところだ。
それに比べてドリップには余白というか、個人のさじ加減で調整する空間的なものがあり、それは個人の味付けのように遊び心を持たせられる懐の深さもある。「粒度・浸漬時間・湯温」を自分好みにカスタマイズする面白さがある。たまに突拍子のないことを試すと色々なヒントが出てくる。それもまたコーヒーの面白いところで決まったセオリーの中では出会えない世界を見せてくれるのだ。

自分に合ったコーヒー作りをしてみよう。
もし興味を持たれた方がいらっしゃったらお気軽にお声がけくださいな。きっとコーヒーが面白くなるはず。

コーヒーの探求は果てしなく続くのだ。

それではまた。

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

考える時間

いつも同じでないことへの理解カップに入ったコーヒーや豆は見た目はなんでも同じように思われていることがまだまだ多いように思う。コンビニやスーパーのコーヒーや、近…

  • 480 view

インドネシア渡航記 2016

ワハナ農園へ2015年2月インドネシアへ出発。秋田空港から関西国際空港へ飛び、関空からシンガポールへ向かう。マイルが貯まっていたのでビジネスへアップグレードした。快適…

  • 266 view

長岡市へ

NIIGATA COFFEE FESTIVAL本日3月26日に新潟県長岡市にて『NIIGATA COFFEE FESTIVAL』が開催される。そこで出店するの…

  • 219 view

甘酸っぱい初夏の味わい

春蝉の声午前中は森の中から春蝉の声が響き流れていて、窓を開けていると蜜蜂の羽音が高い音色で通り過ぎていく。時折り野太い低音の熊蜂がホバリングしながら物色していくのをヒ…

  • 195 view

ブラジルで見た黄色い小鳥

甘酸っぱくジューシーなブラジルが飲みたくて焙煎する前に色々と考えた。考えてばかりでも辿り着けないからと焙煎機に火を入れる。暖気運転している間に生豆をじっと見ていると、…

  • 327 view

エスプレッソとカレー

凝縮感と一体感かれこれずっとカレーを作り続けている。毎日のルーティンワークにすらなっている。スパイスの配合が面白い時期もあったが、そこでコーヒーに置き換えてみ…

  • 1276 view