日本で最も美しい村 季刊誌取材 小川村編②

  1. PHOTO&DESIGN
  2. 185 view

生憎のお天気でもマイペースで

初日のお天気とは打って変わって翌朝は霧の中で目が醒める。
窓辺に当たる雨音が撮影のイメージを作ってくれているようだ。どうやら傘をさしながらの撮影を覚悟するのかと、分かってはいたものの取材先での雨には肩を落としてしまう。

朝ごはんは自分たちで目玉焼きを作って食べた。
卵かけご飯にすべきか、目玉焼きにすべきか、皆でワイワイ焼いた方が美味しそうだ。

インタビューの最中に外へ出て村内をスナップをする。
強めの雨の中しばし歩き回り撮影するが、雨脚が強く民家の軒下で雨を眺めていた。
秋が迫ってくる感じがある。静かな時間だ。

花は雨に打たれていたが綺麗だった。

お昼はおやきを頂く。
昔ながらの囲炉裏で焼くのだが、もちもちした皮は焦げ目が香ばしく味付けは穏やかで優しい。

おやきの後は、お蕎麦と天ぷらを頂く。おいしい。

夕方前のひと時、陽射しがパッと広がった。
りんご畑に囲まれた小道を歩くと白い犬と目があった。
雨に濡れて光る萎れかけのコスモスが美しい。

玄関先の猫。
夕ご飯待ちらしい。

夕暮れはあっという間に訪れ、小さな明かりが点々と光り始めるのだ。

見慣れない風景の中で、歩き疲れた心地よさを感じる。
雨に濡れて少々寒いが、何かしら吸収し始めた感じがする。

雨の冷たさに触れると自然との一体感は一層増していくものだ。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

夏から秋の匂いへ

9月だ。空が変わり、風が変わり、匂いも音も変わってきた。そういう自然を肌で感じられることは、どこか自然と繋がっているようで心地がいい。先日は青森県の佐…

  • 144 view

北海道出張⑤

朝に目が醒めると枕元のノートに書き綴った数行の文章に目が止まり、その脇に小鳥の絵を描いてある。就寝前にまくらを抱きながら書いていたのだが言葉がまとまらず、つい…

  • 230 view

旅カメラ

Leica M-P(Typ240)旅先や出張先での撮影は色々と神経を使うことが多くできるだけ軽装でいたいと考えている。ザックには交換レンズ数本と予備バッテリー、充電器…

  • 370 view