不思議な小さな世界

  1. DIARY
  2. 345 view

エッセンス

エッセンスが欠けてしまうと何か感触がないような感覚になる。そのエッセンスはどこなのか?

何事にもどこかに隠れていたりするのだが、なかなか姿を現さないこともある。とりわけ隠れているのではなく、見付けられないことが多いのかも知れないが、諦めて何か他のことをしている時に出てくる失せ物のように顔を出すこともある。もしくはそのエッセンスを生み出す側の時も簡単ではない。それほど大切なものだ。魅きつける要素として磨かねばなるまいと一所懸命になることもある。新たに仲間に加えたいカレーにもエッセンスを注入していきたいものだ。

caffe gita湯沢店『夜カフェ』

caffe gita湯沢店で「夜カフェ」をしてみたいのだが、いかがだろうか?
店舗内は現在は事務所と焙煎所、在庫保管場所となっており喫茶スペースを設けていない。豆販売主体で営業をしていてご不便をおかけしている。今のところ試験的な内容も含みご来店される方と少しずつアップデートしていこうと思案中だ。そんな訳で、外で焚き火を囲みながら「夜カフェ予行練習」をしていたらなんとも心地よかった。アイディアが沸々と湧き上がり世間話さえも雰囲気が出てくる。

そこは不思議な小さな世界になった。

手に持つ温かいコーヒーが嬉しい季節になった。焚き火を囲んで汗をかきながら食べたカレーの美味いことといったらなかった。今のところいつから開始するとは決めていないが、興味がある方がおられたらご連絡頂けたら開催日程を調整するので是非体験してもらいたい時間だ。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

言葉の彼方経験を積んだ、若しくは重ね上げた先に広がっていく末に描かれるものはいつだって尊く感じる。一瞬の情景が言葉に変換された時に人の想いが過っていく。素敵な…

  • 231 view

雪降る夜、コーヒーと石焼き芋

甘い香りは共通点だがこだわり抜いたものではなく、ごく普通の石焼き芋とコーヒーを両手に持って窓の外を眺めながらもぐもぐしている時に「甘い香りはどちらもあるけど、…

  • 808 view

梅と桜が咲く季節

暖冬とはいえ、ようやく春らしくなってきたが今年の春はなんだか少し天候もイマイチのようだ。相変わらず新型コロナウィルスの影響も続いており、多方向で様々な影響が出…

  • 582 view

スペシャルティコーヒー豆の焙煎は面白い

スペシャルティコーヒー豆が持つ個性を知る思い出コーヒー豆の焙煎はいつもワクワクする。学生の頃にコーヒー豆屋さんに買いに出かけ、カウンター前で豆のことを聞くのが好き…

  • 1080 view

どこまでも行こう

道は創るものどこまでも行こう 道はきびしくとも 口笛を吹きながら 走って行こうどこまでも行こう 道は険しくとも 幸せが待っている …

  • 437 view