大晦日

  1. DIARY
  2. 145 view

そうそう忙しくないのに、追われていたことに気付くと大晦日だ。
先週の大雪では毎日除雪に追われて仕事も後回しにな李、今朝も昨日からの雪に呑み込まれている。年末の慌ただしさも若干掻き消されているように感じる。

今年は振り返ることが多かった。
コロナ禍で思うように動けないと、何かのせいにしていたこともあったけれど、夏を過ぎて少し涼しくなった頃からは落ち着いて考えるようになった。

今までに感じることがなかった期間でもあって、「何と向き合うのか」や「今まではどう向き合ってきたのか」を少し知ることができたこと、そして当たり前の中にあった「曖昧さ」に気付かされた。

曖昧さに包まれていると楽で良かった。
時には緩衝材になり、また決断を鈍らせる要因にもなったし、全ては自分の中にも逃げ道はたくさんあったわけだ。

そんなことをつらつらと考えている時に自分の中心にあるコアに熱量を感じることもできて少しホッとしたのを覚えている。
何と言うか子供のころに抱いていた夢を撫でられた気分だった。
それらを懐かしむのか、気持ちを引き締めるのか。

知らぬ間に自己否定していることもあったのだと反省した。

今年は予定していた出張のほとんどは中止となり、どこか気持ちまでもが凍結された気分だった。
固く凍った塊をどう融かしていくのかを知る術もなく感じていた。

しかし、この長い期間のおかげで小さな自分を解体してみると色々と思い起こされまだまだ絞れることを知ると勇気も湧いてくるものだった。行動も思考も止めてはいけないなと、自分自身に再度刷り込んだ。

ともあれ、ここまで色々と大変な思いをしているのは自分だけではない。
毎日多くの人に支えられて大晦日を迎えている。
振り返れば、今年も良き年だったのではないかと感じている。

本年もたくさんのご愛顧を頂き心より御礼申し上げます。
どうぞ来年もよろしくお願い致します。

それではまた。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

薔薇が咲いた

お店の玄関先に植えた小さな花の薔薇が今年はたくさん花芽を付けていたので数日の間はソワソワしている。困ったことに伸びてきた新芽はことごとく萎れてしまって、原因は…

  • 169 view

紛れこむものの作用

カエルの合唱が風に乗って聞こえてくる。そろそろ田圃に水が入る季節だと知れる。こういう里山の田舎では自然からたくさんの便りがある。今年も「アカショウビン」が来て…

  • 123 view

自分作りをしっかりと

過ごしやすくて結構なのだが少し肌寒い日が続いている。高い木の天辺から聞こえてくる美しく元気な声の主は誰だろうと気になったまま時間が過ぎた。お店の玄関先に植えた…

  • 189 view

昼間の薔薇

薔薇の香り本日はお昼過ぎから打ち合わせがあり出かけていた。打ち合わせ先の近所に素敵な感じに咲いているバラを見つけて嬉々とする。軒下の陰で少し枯れ始めている薔薇に近…

  • 71 view

いつかの空、いつかのコーヒー

燃えるような空はあっという間に燻んで冷めていった。早くも10月は終盤を迎えてしまい、紅葉は里山までに降りてきた。こちらの記事の更新では、あれよこれよといい加減…

  • 188 view

季節は巡り秋

虫の音が響く夜と潮騒夏が過ぎて秋がやってきた。夏は酷暑だった。夏の甲子園は103年ぶりの決勝進出だった。しかし決勝戦では大阪桐蔭に敗れてしまっ…

  • 196 view