カッピングで知り得たことで目標が見えてくる

  1. COFFEE
  2. 208 view

コーヒーからもらえる情報でコーヒー作り

今までたくさんカップしてきても、まだまだ圧倒的に足りない。その中でコーヒーを知る楽しさを深められてきたら余計に知りたくなる。口に吸い込んだコーヒーの香りと味わいは体のどこかに住み着いていて、いつかどこからともなくやって来て何かしらの情報をくれる。そのタイプはこんな感じになるかもなんて経験値から焙煎度合や抽出などのアドバイスをもらえるようになった。

まだまだ足りないが訪れた生産地で輸出前の味わいと輸入後の味わいの差など今でも鮮明に思い出せる。我武者羅に無我夢中でコーヒーと接してきたことで色々な景色を見せてもらったものだ。コーヒーをコントロールしていく術を少し理解してきたように思うが、もう少し親和性の高い、毎日のコーヒーを作っていきたいと思う。派手さも欲しいところだが、飲み飽きせずにまた飲みたくなるコーヒーは魅力的だ。

シンプルさが難しいけどね。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

『四季の珈琲 VOL.44』へ寄稿しました

コーヒーを仕事にするということ4月にカナダ・アメリカへ出張したことを『四季の珈琲 VOL.44』へ寄稿した。私は開業してから今年で15年目を迎え、コーヒー…

  • 223 view

コーヒー豆の声と言うのはつまり

モノづくりの楽しさと難しさ焙煎や抽出をさらに磨いて、ピカピカになるまで更に磨いて、もっともっととやっている内に陽は暮れて行くし歳もとっていく。自分の技術を磨くのは…

  • 217 view

美味しい珈琲と出会う方法@oncafe

いやいや久しぶりに書く。どうにも時間をうまく使えずにいて書く気が起きなかったのだ。書こうと思えばかけたのだが書かない事を選んでいたことを反省している。明日から…

  • 302 view

エスプレッソの美味しさ、バリスタの謙虚さ

凝縮感をコントロールしていくエスプレッソを美味しく抽出するのは、そもそものところ「エスプレッソはどういうものなのか?」ということや「どういうエスプレッソを抽出…

  • 474 view

考える時間

いつも同じでないことへの理解カップに入ったコーヒーや豆は見た目はなんでも同じように思われていることがまだまだ多いように思う。コンビニやスーパーのコーヒーや、近…

  • 175 view