北海道出張②

  1. COFFEE
  2. 163 view

自然豊かな思考

この日はとりあえず野付半島ネイチャーセンターへ向かうことにする。
トドワラやナラワラが広がる細長い半島で、規模としては日本最大の「砂嘴」となっている。

「砂嘴(さし)」と言うのは、湾口から鳥のクチバシのように延びた堤防上の砂の堆積のこと。ここはラムサール条約にも登録されていて水鳥を筆頭に多くの動植物たちの生活圏だ。

天気こそ今のところ晴れているが、予報では次第に崩れていくようで強い風が吹き付けていた。ハマナスやエゾノシシウドなどが咲き乱れ北海道の夏らしい風景が広がっていてなんとも懐かしい。また、衣替えをするように次から次へと花が咲き表情が変化する美しい半島だ。そんなところをゆっくりと歩くことにした。歩きながらコーヒーのことを考えるのだ。いつもと違う風景の中で考えるコーヒーのことは良い距離感を与えられたようで少し新鮮だった。ここには焙煎機やエスプレッソマシンもない。想像の中でコーヒーは無限に広がっていく。おかげで自分のコーヒーはまたアップデートできそうだ。

足元には毛虫が結構いるのが気になっていた。
草薮の隙間からここだと言わんばかりに遊歩道を懸命に横断してくるのだ。まさに命懸けなわけだが、毛虫の横断は花が美しいだとか、コーヒーがどうのこうの… 集中することを阻んでくる。しかし、自然豊かな場所に身を置くことはいつもと違う思考になってくるのが面白い。正解を求めがちな思考から、挑戦者的な気持ちが溢れ出てくるから不思議だ。それは自然というものがとてつもなく大きな存在であり、自分の立ち位置を報せてくれる「力」があるのだろう。

素敵な花々たちのあとは知床方面へ向かう。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

ドリップする時の『蒸らし』について

粉全体が染み込むようにさて「蒸らし」についてだ。必要か不要かのことではないことを予めお断りしておく。ここでいう「蒸らし」というのは最初にお湯をかけ…

  • 425 view

心を掴むバリスタ

終日気温が低い日だった。どこからともなく蟻の行列がやってくる。朝は見当たらなかったのだがお昼を過ぎると急に増え始めた。困る。甘いものを求めて旅に出てきたのか、…

  • 229 view

桜はもう

コーヒーと恋愛春になるとなんとなく口ずさんでしまう歌がある。サニーデイ・サービスの『東京』というアルバムは1996年に発表された。もう21年前になるけれど…

  • 155 view

ルワンダ新入荷

インゾブ スプリーム随分以前にルワンダのコーヒーを使ったことがあり、それ以来の入荷です。今回のコーヒー豆はしっかりとした味わいがあり力強い印象です。香りはフラ…

  • 354 view