コーヒーの美味しさはどこにあるのか?

  1. COFFEE
  2. 39 view

知識と技術だけでは手の届かない場所もある

コーヒーに限ったことでなく食べ物全般に言えることかも知れない。
知識を高め技術を磨いても美味しさがどこに在るのか分からない。しかし大凡の判断は付くだろうけど、それは経験則からが大きいと思う。経過中に必要な知識を身に付け必要な技術が磨かれていくのが経験になる。知識や技術を否定しているように聞こえるかも知れないが、そうではないので誤解のないように。

「美味しさ」という食物の成分などではない例えるなら個人的な感覚を知るには容易なことではないと思う。自分の中にある美味しさを知っていてもなかなか思い通りにいかないことだって多々あることだ。そう思う自分には美味しさは作られるものではなく、滲み出てくるようなより客観性の高いものとして考えている。あまりに個人的な考えなので参考にならないかも知れない。

「美味しい」は生き物

知識や技術では正しいものを作れるが必ずしも美味しいに結び付かないのだ。たまに食べると美味しいカップラーメンでも、毎日3食では美味しさは薄れていく。毎日食べて美味しいものと、たまに食べて美味しいものは、同じ食品や飲料でも接し方で変化していく。恐らくは気分でさえも美味しさがコントロールされてしまう。儚くともその一瞬で美味しさが決まってしまうこともあるし、条件により決まってしまうこともある。喧嘩しながらの食事はつまらないが和気藹々と食事すると楽しい。その都度の個人の気持ちに沿った美味しさがルーレットのごとく変化しているのだ。

「美味しさ」は、まるで気分や時間で色を変えていく生き物のようだ。

それを見つけるために様々なアンテナで空気の動きを察知していかなくてはならない。店内に入る扉の開け方や足音さえも表情がありヒントになる。注文に迷って見える方の内面にはどんな迷いがあるのかを引き出す言葉選び、そこに飛び込む勇気も必要になる。まるで精神論的な物言いだが人と人とのコミュニケーションに当たる箇所なので出来るなら温かな温度でありたい。

手間も暇もかかることで非合理的な探求が成すこともあり面倒なことかも知れない。マニュアルがあれば失敗は避けられるだろうけど、「美味しさ」という魅力はそれだけでは得られないだろうと思う。私がここで書いている「美味しさ」とは、まぁまぁ合格点の美味しさでなく、どちらかというと「感動」するといった驚きに近い感覚のこと。なぜならそれはとてもモノづくりのエネルギーになるからだ。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

雲の上の青い空

大地からと空から見ると出張があり東京へ出かけてきた。セミナーとSCAJへ行き見に詰まった時間を咀嚼し始めている。凝縮した2日間は、コーヒーと人、少しの辛い…

  • 152 view

コーヒー豆の声と言うのはつまり

モノづくりの楽しさと難しさ焙煎や抽出をさらに磨いて、ピカピカになるまで更に磨いて、もっともっととやっている内に陽は暮れて行くし歳もとっていく。自分の技術を磨くのは…

  • 184 view

caffe gita yuzawa 5月1日にリニューアルオ…

店内メニューを考えているうちに出張から戻ったら湯沢店をしっかりリニューアルオープンさせると先日に書いたが、5月1日のオープンに向けてマイペースではあるが着々と進めてい…

  • 419 view

カッピングスプーン

コーヒー豆を知ること仕事柄コーヒー豆について色々と聞かれることが多い。香りや味わいはもちろん、栽培のことや精製方法や生産地でのこと、また技術的なことも然り、色…

  • 178 view

甘酸っぱい初夏の味わい

春蝉の声午前中は森の中から春蝉の声が響き流れていて、窓を開けていると蜜蜂の羽音が高い音色で通り過ぎていく。時折り野太い低音の熊蜂がホバリングしながら物色していくのをヒ…

  • 18 view