『この世界の片隅に』

  1. DIARY
  2. 240 view

 

映画を観る時はいつもポップコーンとコーラだ。

映画を観る時は映画に集中して何も食わず、何も飲まずという人もいるが

わたしはだらしなくポリポリとポップコーンを齧り

コーラをストローで吸い上げながら観る。

今日もポップコーンとコーラを買い、座席に座る。

周りでも評判がとてもよかった『この世界の片隅に』をやっと観れた。

戦争を扱った物語ではあるが、戦争だけにスポットを当てず、ドラマチックにするでもなく

非日常を普通に暮らそうとする普通の女性の物語だった。

主人公のすずが感情を爆発させるところはもちろん涙させられたが

それよりも生活の中の些細な出来事や会話が微笑ましかったり、切なかったり、ドキッとしたり。。

とてもいい気分だし、もっとブラブラしたかったけど、

冬の陽は短いから早く帰らなくてはと

残ったポップコーンとコーラを口に押し込み

腹をさすりながら外に出た。

次からコーラはMにしよう。

関連記事

蜃気楼のように湧き上がってきた時間

朝から雨が降っていた。昼頃には少しの間土砂降りになったが久しぶりに土の中まで潤ったんじゃないかな。午後には幾らか青空が見えてきたけれど澄んだ空気は冷たくなっていた。周…

  • 377 view

春の匂い

面白さと難しさは共生している先日春先の東京へ行ってきた。雪解けがぐんと進んで土や木々の芽などの動きも活発になってそれらが混ざり春の匂いが増している。春の匂…

  • 238 view

浮かんだ月

ノートに走り書きした文章を読み返して、はて何て書いたかな?と立ち止まる。読み返して思い出せないくらいの戯言だろうとそのまま通り過ぎ仕事を続けることにした。続けるこ…

  • 282 view

本年もありがとうございます

今年も色々な場所を訪れてたくさんの人たちと出会った。主に人との出会い、風景との出会い、食べ物との出会いである。そのどれもが今の自分を創っていて、時にそれらは言葉と…

  • 360 view

なごり雪

春がやって来る窓の外を眺め「なごり雪か…」と店長が呟いた。先日までの陽気は失せて細かい雪が舞っている。冬の間は人の狡さと都合の良さを見たが胸に残る思いは少…

  • 442 view