日本で最も美しい村 季刊誌取材 小川村編②

  1. 日本で最も美しい村
  2. 107 view

生憎のお天気でもマイペースで

初日のお天気とは打って変わって翌朝は霧の中で目が醒める。
窓辺に当たる雨音が撮影のイメージを作ってくれているようだ。どうやら傘をさしながらの撮影を覚悟するのかと、分かってはいたものの取材先での雨には肩を落としてしまう。

朝ごはんは自分たちで目玉焼きを作って食べた。
卵かけご飯にすべきか、目玉焼きにすべきか、皆でワイワイ焼いた方が美味しそうだ。

インタビューの最中に外へ出て村内をスナップをする。
強めの雨の中しばし歩き回り撮影するが、雨脚が強く民家の軒下で雨を眺めていた。
秋が迫ってくる感じがある。静かな時間だ。

花は雨に打たれていたが綺麗だった。

お昼はおやきを頂く。
昔ながらの囲炉裏で焼くのだが、もちもちした皮は焦げ目が香ばしく味付けは穏やかで優しい。

おやきの後は、お蕎麦と天ぷらを頂く。おいしい。

夕方前のひと時、陽射しがパッと広がった。
りんご畑に囲まれた小道を歩くと白い犬と目があった。
雨に濡れて光る萎れかけのコスモスが美しい。

玄関先の猫。
夕ご飯待ちらしい。

夕暮れはあっという間に訪れ、小さな明かりが点々と光り始めるのだ。

見慣れない風景の中で、歩き疲れた心地よさを感じる。
雨に濡れて少々寒いが、何かしら吸収し始めた感じがする。

雨の冷たさに触れると自然との一体感は一層増していくものだ。

コーヒーと写真に囲まれている毎日。日本中を取材したり、海外でコーヒー豆の買い付けを行なっている。いつの日か観光したい。

記事一覧

関連記事

旅カメラ

Leica M-P(Typ240)旅先や出張先での撮影は色々と神経を使うことが多くできるだけ軽装でいたいと考えている。ザックには交換レンズ数本と予備バッテリー、充電器…

  • 98 view

遠くで考える移住のこと

自分の住む街のことを想いながら眺めてみると何かと出張が多いが先日は東京へ行ってきた。今年の7月から行われていた「ターンズのがっこう 秋田科」のラストイベントに顔を…

  • 221 view

少しの間ひとり旅気分

バンクーバーからポートランド、シアトルへ今回の出張はデカフェの工場の視察やカフェ、SCAAに行ってまいる。バンクーバーまではひとり旅。羽田空港の国際線は初めてなの…

  • 12 view