日本で最も美しい村 季刊誌取材 小川村編②

  1. 日本で最も美しい村
  2. 149 view

生憎のお天気でもマイペースで

初日のお天気とは打って変わって翌朝は霧の中で目が醒める。
窓辺に当たる雨音が撮影のイメージを作ってくれているようだ。どうやら傘をさしながらの撮影を覚悟するのかと、分かってはいたものの取材先での雨には肩を落としてしまう。

朝ごはんは自分たちで目玉焼きを作って食べた。
卵かけご飯にすべきか、目玉焼きにすべきか、皆でワイワイ焼いた方が美味しそうだ。

インタビューの最中に外へ出て村内をスナップをする。
強めの雨の中しばし歩き回り撮影するが、雨脚が強く民家の軒下で雨を眺めていた。
秋が迫ってくる感じがある。静かな時間だ。

花は雨に打たれていたが綺麗だった。

お昼はおやきを頂く。
昔ながらの囲炉裏で焼くのだが、もちもちした皮は焦げ目が香ばしく味付けは穏やかで優しい。

おやきの後は、お蕎麦と天ぷらを頂く。おいしい。

夕方前のひと時、陽射しがパッと広がった。
りんご畑に囲まれた小道を歩くと白い犬と目があった。
雨に濡れて光る萎れかけのコスモスが美しい。

玄関先の猫。
夕ご飯待ちらしい。

夕暮れはあっという間に訪れ、小さな明かりが点々と光り始めるのだ。

見慣れない風景の中で、歩き疲れた心地よさを感じる。
雨に濡れて少々寒いが、何かしら吸収し始めた感じがする。

雨の冷たさに触れると自然との一体感は一層増していくものだ。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

日本の豊かさ、世界の広さ

コーヒーと触れた良い機会先程、日本へ戻って来た。なかなかの課題を積み上げて考え始めてはイメージ創りを繰り返している。機内では少しお酒を頂きながら思い描いて…

  • 11 view

出張のお知らせ

2月5日〜2月10日まで『日本で最も美しい村 連合』季刊誌の撮影のため出張になります。湯沢店舗営業及び納品、発送業務はお休み致します。ご迷惑をおかけ致しますが何卒ご容…

  • 12 view

出張先で知ること

何を知るのかは自分次第目の前に広がっている、もしくは迫ってくることなど、どれを拾い上げていくかで何かが決まり動いていくのだ。ご当地の味わいの蓋を開けた時に香る…

  • 21 view

梅雨の神戸

インドネシア・ブラジル会先日に神戸へ行ってきた。梅雨の神戸は出発した秋田よりは涼しかったが湿度高めであったが風が吹いていて心地よかった。伊丹空港からバスで三宮…

  • 124 view