春の匂いがしている

  1. DIARY
  2. 182 view

不安と期待を越えていく

高校を卒業して大学進学までの少しの間、友達の家へ毎日のように遊びに出かけてはギターを弾いていた思い出がある。特に上手いこともなく、あれを弾けるようになりたいとかこの曲が凄く良いなどと、他愛のない会話で大いに盛り上がっていた。お昼になれば友達のお母さんがお昼ご飯を作って出してくれた。母親がいなかったからそういうのが心底嬉しかった。

そんな気持ちと裏腹に進学するために北海道へ引っ越す準備が億劫だった。
部屋で使うものは現地で買おうとしたが、カーテンくらい買おうよと父親が急かしてくる。カーテンこそアパートの窓の寸法を測ってからの方がいいだろうとゴネてみたが大家さんからの封書にカーテンサイズが記載されていた。緑色の葉っぱの模様がついているのを買った記憶がある。

3月27日に秋田を出発し北海道へ発った。
青森港から苫小牧までフェリーで揺られている間に様々なことを思った。寂しさと不安と期待が入り混じる程に気分は複雑になっていた。

アパートへ着いて買い物を済ますと晩御飯を作ってみろと父親。
近所のスーパーで買い出しする。金銭感覚ないものだから叱られる。確か帆立貝と野菜を使って「野菜炒め」を作って記憶がある。

父親はそれを摘まみながらお酒を飲んでいる。
うまく会話が進まないまま「一人暮らしをするには自信がないんだけど」と言うと、

「がんばれ」

そう言ってあっという間に鼾をかいて寝てしまった。

「がんばれ」とはどんなものなのか。それ以来の毎年の抱負は「あきらめない」が続いている。

雪解けの季節、特に3月下旬はこれを思い出すのだ。

これから新生活をする方も多いかと思う、是非「がんばれ」でいってほしい。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

雪国に暮らすということ

春を待つ楽しみ雪国に生まれ育った私はいつの間にか春を待つことが楽しみになっている。「春を待つ」という言葉もいい雰囲気だ。秋の紅葉が終わりを迎える頃に冬支度が少し進んで…

  • 47 view

椿

新たな感覚とコーヒー作りまずは。ゴールデンウィーク期間中には多くのご来店頂き心よりお礼申し上げます。長い連休となり例年以上に多彩な顔ぶれと出会えた。おかげ…

  • 116 view

携帯電話から解放された日

とにかく不便を感じる違和感ギリギリで新幹線に飛び乗り座席に座り一仕事しようとしたら携帯がうまく繋がらない。アレもコレも移動中に済ませようと車の運転中に段取りを考えてい…

  • 290 view

夜空に白い渡り鳥が鳴く

食べ尽くすのではなく、食べ歩きをするということ11月になった。朝晩の冷え込みが増してきた。そろそろ薄氷が張るのかどうなのか、里では紅葉も見頃になった。午後15…

  • 216 view

早くも秋の夜長の雰囲気のコーヒー

夏から秋へ季節の移り変わりは微妙なニュアンスが大切で、ここからキッパリと線を引かれると困惑する。先日に全国花火競技大会が大仙市で開催されたが、2度の大雨に…

  • 134 view