いちご大福

  1. FOOD
  2. 635 view

大粒のイチゴと白あんの出会い

本日のお差し入れに頂いた湯沢市の「御菓子司 わかさ」さんのいちご大福。香りからしてうっとりする。一口頬張るとジューシーな果汁が広がって優しい白あんの甘さと馴染んでくれるので昼食後の満腹のところに頂いてもぺろりである。食後に上質なお菓子を楽しめると大満足のご満悦になる。これが別腹というものか。

【 御菓子司 わかさ 】 0183-73-8070 秋田県湯沢市北荒町2−3

コーヒーとマリアージュする

これに合わせたコーヒーはエチオピア ブルーナイル。ミディアムローストでダージリンティの様な芳香にマスカットやベリーを合わせた様なエレガントな香りを含みます。抽出はあまり時間をかけずに行っているので、酸の味わいも軽やかで重たさはありません。「エチオピア ブルーナイルは」抽出の仕方で口当たりからコーヒーの印象の変化を楽しめるコーヒー豆です。しっかりとコーヒーするよりも、片手に持つ「いちご大福」を目指してお茶の雰囲気を抽出していきたいところです。こういうコントロールをするのもコーヒーの楽しいところです。昨年に比べてコーヒーへの考え方もずいぶん変化してきました。抽出と一言で表現するにしても様々です。毎日欠かさず繰り返す焙煎や抽出作業の中から見つけることのできる観点があります。それを新たに組み立てていますので、いずれ新しくセミナーをしたいと思います。

今日はお差し入れのおかげでたっぷりとコーヒーのことを考えることができました。
ありがとうございますの、ごちそうさまです。

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

遅い夕食

近所で美味しいラーメンが食べれる幸せよ。アリラン カルビキムチラーメン。…

  • 177 view

さしびろで鴨南蛮

秋田サシビロいつも素通りしていたのだけど、どうしても気になって購入。「さしびろ」は調べもせずただただ気になる食材で眺めていただけの野菜。ニラのように細くて長く、そして…

  • 922 view

せり

寒い時期はやはり鍋を食べる機会が増えるのですが、秋田県で鍋といえばきりたんぽ鍋でしょうか。他に汁物でいえば、納豆汁や芋の子汁があります。その鍋に欠かせないと言…

  • 344 view

新メニュー!

スパイスカレー10月1日 AM11:00よりcaffe gita yokoteで新メニューのカレーが登場する。横手店でお店を開店してからようやくフードメニュー…

  • 2266 view

賄いマトンカレー

自画自賛で楽しむのが上達するコツお昼の賄いは楽しみながら作る。レパートリーは少ないがバリエーションは広がってきている。パスタとカレー、お味噌汁、たまにガパ…

  • 211 view

前進と後退

「働かないで生きていけないかなー」「無理でしょ?」黒田硫黄 茄子1巻 ランチボックスここ何日か、周りの人と話をしていると学校の卒業式やそれに伴う飲…

  • 455 view