カスタマイズコーヒー

  1. COFFEE
  2. 146 view

いい加減に草刈りをしなければと思い、外へ出て確かめてみたら思いのほか茂っていて驚いた。
ここまで伸びていたら半日はかかるな。

夏に向けて草木だって我先にと太陽に手を伸ばしているのだろう。その気持ちがわかるほど伸びていた。夏に向けてといえば、そろそろ湯沢店のメニューにもコールドブリューを加えようと思う。あまり量は作らないが爽快なコーヒーにしようと思っているのでお楽しみに。

今朝はコロンビア ブエナビスタ農園をエスプレッソのメッシュに合わせて極細のパウダー状に挽いたものをハンドドリップしてみた。一口飲んで色々と考えさせられた。まずは味の情報量の多さと、透明感が際立っている。香りはもともと高く派手さがあるがここまで細かくお湯に浸っていると香りは少々変化してしまったように思う。過抽出感は否めないがドリップの場合はある程度の粗さも必要だと改めて感じる。

エスプレッソの抽出はシビアなものだが、如何にエスプレッソの抽出が理に適っているかを感じるところだ。
それに比べてドリップには余白というか、個人のさじ加減で調整する空間的なものがあり、それは個人の味付けのように遊び心を持たせられる懐の深さもある。「粒度・浸漬時間・湯温」を自分好みにカスタマイズする面白さがある。たまに突拍子のないことを試すと色々なヒントが出てくる。それもまたコーヒーの面白いところで決まったセオリーの中では出会えない世界を見せてくれるのだ。

自分に合ったコーヒー作りをしてみよう。
もし興味を持たれた方がいらっしゃったらお気軽にお声がけくださいな。きっとコーヒーが面白くなるはず。

コーヒーの探求は果てしなく続くのだ。

それではまた。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

爽快コールドブリュー

27度の夏日だった。そろそろ水出しコーヒーを仕込もうかなと思わせ振りなお天気だった。「水出しコーヒー」というのは近年では「コールドブリュー」などと呼ばれたりしてい…

  • 133 view

甘酸っぱい初夏の味わい

春蝉の声午前中は森の中から春蝉の声が響き流れていて、窓を開けていると蜜蜂の羽音が高い音色で通り過ぎていく。時折り野太い低音の熊蜂がホバリングしながら物色していくのをヒ…

  • 22 view

梅雨の神戸

インドネシア・ブラジル会先日に神戸へ行ってきた。梅雨の神戸は出発した秋田よりは涼しかったが湿度高めであったが風が吹いていて心地よかった。伊丹空港からバスで三宮…

  • 188 view

コーヒーの美味しさはどこにあるのか?

知識と技術だけでは手の届かない場所もあるコーヒーに限ったことでなく食べ物全般に言えることかも知れない。知識を高め技術を磨いても美味しさがどこに在るのか分か…

  • 53 view

コーヒー豆の声と言うのはつまり

モノづくりの楽しさと難しさ焙煎や抽出をさらに磨いて、ピカピカになるまで更に磨いて、もっともっととやっている内に陽は暮れて行くし歳もとっていく。自分の技術を磨くのは…

  • 204 view