草むしりの効果

  1. DIARY
  2. 1216 view

畑の表層を張り巡らす蔓や根

先日のよく晴れた暑い日に目の前にある畑に行くと草が元気に生い茂っていた。

おばあちゃんがせっせと管理していた畑は、今は父が少しだけ気ままに野菜を育てている。使われていない場所は数種の草花が植えられていて夏から秋にかけて花を咲かすのが毎年のこと。おばあちゃんは今は施設に入居している。

子どもの頃に、おばあちゃんはA4ノートくらいの大きさのラジオを持ち麦わら帽子をかぶって毎日畑の草むしりや野菜の世話をしていた。ラジオから流れてくるのは素朴な声で話す男性の声や歌謡曲だった。

生い茂る草むらを眺める瞼裏にはそんな思い出がぶら下がってきた。

不意に草をむしり始めると様々な思い出が蘇ってきた。
学校から帰ってくると冷蔵庫にサイダーが冷えているから飲めとか、茶箪笥にもらったシュークリームがあるから食えだとか、色々と気にかけてくれていた。シュークリームは何度か駄目になっていた。その度にシュークリームは冷蔵庫に入れてよと思っていた。

一心に草をむしり続けていたら何かの花の苗が見えてきてその周りを綺麗に摘みながら草をより分けて綺麗にした。6畳くらいの広さを3時間くらいかかって草むしりしていた。汗だくになり蚊やブヨに好き放題刺されていた。

いつもであればこれくらいでいいやと思うところ、まだまだやらねばと思っていた。
不思議だ。
結局暗くなるまで草むしりを続けた。

翌日から仕事を終えて夕方から畑へ行き草むしりの続きをする。
今度は何かの太い根がたくさんあることに気付き、その根を伝うと蔓性の植物が広範囲で張り巡らされている。それを手で引っ張りながら抜く作業を続けたがかなりの手強さで太いので牛蒡くらいある。それを思いきり引っ張ると途中で根が切れて、自分の握ったままの拳が胸に食い込んで息が詰まった。痛さで悶絶した。

息をすると痛いし歩くと響くので、多分きっとそれは怪我をしたのかも知れない。

草むしりをした場所に新しく花を植えた。
夕方から暗くなるまで店長を扱き使って花を植えている。
少しずつ色づく畑を見て店長も嬉しそうだ。

地面に近い空間でおばあちゃんを感じることができて良かった。
短くなった草の上で飲むコーヒーが実に美味しい。

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

紛れこむものの作用

カエルの合唱が風に乗って聞こえてくる。そろそろ田圃に水が入る季節だと知れる。こういう里山の田舎では自然からたくさんの便りがある。今年も「アカショウビン」が来て…

  • 173 view

なごり雪

春がやって来る窓の外を眺め「なごり雪か…」と店長が呟いた。先日までの陽気は失せて細かい雪が舞っている。冬の間は人の狡さと都合の良さを見たが胸に残る思いは少…

  • 334 view

春景色のゴールデンウィーク

GWも後半すっかり春景色に包まれた湯沢市もGWで帰省中の方々が多く訪れている。心なしかGWに桜は間に合ったものの散るのが早いかとも感じたが、この儚さも美し…

  • 306 view

考えているうちに冷めたコーヒーの味

雨音を聞きながら本を読んでは涙し、映画を観ては涙する。もう少し若い頃には感じもしないことだった。寒いなと思っていたら駒ケ岳で初冠雪したようだ。里山も紅葉に包まれて…

  • 263 view

ある子猫の生涯

虚無と花子猫が倒れていた。目脂と涎で顔は汚れ失禁していて時折思い出したように苦しく深く息をし、まるで嗚咽するかのようだった。瞳孔は開き血色無く身体は冷…

  • 382 view