空に広がるマンデリンの香り

  1. COFFEE
  2. 173 view

思い入れのあるマンデリン

タイトルが壮大だが、何てことはない、焙煎が上手く仕上がって嬉々としているのだ。

マンデリンに限らずだが思い入れが強くある。
マンデリンの香りを吸い込むとインドネシアへ行った時のことが瞬時に蘇ってくる。肌に纏わり付くアジアの熱気にむせ返りながらバスの中はキツめの冷房が効いている。夜になっても賑やかな街は日本の都会とは違う高揚感があった。

バスで7〜9時間ほど走り、小さな農園に辿り着くとフカフカの腐葉土たっぷりの森の中を歩いた。聞きなれない鳥の声や虫の音が、顔にまとわりつく小さな羽虫が、いまではどれもが自分のコーヒーの臨場感を担っている。

街の喧騒も、鳥や虫の声も、不快な羽虫たち、森の香りは土や木や、花、果物の折り重なる複雑味の強い凝縮された香りがマンデリンだ。ジューシーな酸味が綺麗に流れていくのが心地よい。自分にとってのコーヒーに敷かれたレールもセオリーもない。それらは自分で創り上げていくものだと思う。

そんな解き放たれたコーヒーには浪漫を感じる。
毎回同じではない表情を見せるコーヒー。話しかけようが、触ってみても返事はしてくれないが、よくよく観察していくとサインは出してくれている。

自由に接することで多くの切り口を持てる懐深いところもある。

面白い。

コーヒーと写真に囲まれている毎日。日本中を取材したり、海外でコーヒー豆の買い付けを行なっている。いつの日か観光したい。

記事一覧

関連記事

長岡市へ

NIIGATA COFFEE FESTIVAL本日3月26日に新潟県長岡市にて『NIIGATA COFFEE FESTIVAL』が開催される。そこで出店するの…

  • 27 view

コーヒーに触れる

スペシャルティコーヒーの楽しさ日本を飛び出して外国へ行く。それは遊びでも仕事でも知らないこと知る近道だ。知れば知るほどに、行けば行くほどに世界は広くなって…

  • 21 view

夜カフェ@gita Lab.

夜カフェとは?田村・細谷がカウンターに立ちでお客様をお迎えする、"あの"懐かしの夜カフェスタイルのカフェタイムです。コーヒーを通して自由なコミュニケーションの場であり…

  • 172 view

エスプレッソの美味しさ、バリスタの謙虚さ

凝縮感をコントロールしていくエスプレッソを美味しく抽出するのは、そもそものところ「エスプレッソはどういうものなのか?」ということや「どういうエスプレッソを抽出…

  • 157 view