南阿蘇

  1. PHOTO&DESIGN
  2. 39 view

南阿蘇鉄道

九州は温かいと勝手な思い込みで随分と寒く感じる。秋田のように毎日マイナス気温や吹雪ではないことくらいは知っているけど、聞けばここは大体仙台と同じくらいの気温だよと教えてくれた。もちろん防寒着は秋田と同じだけど気持ちが温かいと先行しているのと、風が吹いているので余計に寒く感じる。

宿泊先の部屋から根子岳に薄く冠雪しているのが見てる。外に出ると霜柱で地面は盛り上がっていて看板のくまモンは霜で覆われていた。

夕方前に南阿蘇鉄道の取材があり撮影した。標高540mある高森駅でインタビューの間に駅周辺をスナップする。阿蘇山からの噴煙とたまに漂う硫黄の香りを感じながら撮影した。

人の想いは様々で、その想いが勝手に走り去ったり、動かされたりで街が創られているんだなと改めて感じることが多かった。どんな人がいるのかってとても大切なことだ。夕刻に阿蘇山からの噴煙がゆっくり流れて見えた。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

旅カメラ

Leica M-P(Typ240)旅先や出張先での撮影は色々と神経を使うことが多くできるだけ軽装でいたいと考えている。ザックには交換レンズ数本と予備バッテリー、充電器…

  • 341 view

珈琲飲んで一息、描かれた世界

持続可能なバランスを先日撮影で長野へ行ってきた。秋田はそろそろ冬支度の季節だが、それよりはまだ少し秋っぽさが残る感じだった。撮影しながら今のこと、過去のこと、…

  • 179 view

北海道出張③

すっかりとご無沙汰の北海道出張記の続きを書こうかな。7月の前半のこと、既に季節は秋へと進んでいるのだが。野付半島から知床方面へ向かう。途中、標津町…

  • 164 view