椿

  1. DIARY
  2. 116 view

新たな感覚とコーヒー作り

まずは。
ゴールデンウィーク期間中には多くのご来店頂き心よりお礼申し上げます。

長い連休となり例年以上に多彩な顔ぶれと出会えた。おかげで随分と新しい挑戦をした。
湯沢店のリニューアルでコーヒー抽出のセッティング毎に感じる味の違和感など、豆一粒一粒の持つそれぞれの風味。そういう一定でない不確定を予測する面白味がそこにはあった。曖昧にすることで、ぼやけた辺りに親しみを感じることもあるが、曖昧にした時から、曖昧の世界でしかいられないような感覚に陥った。

そういうストイックな時間だった。
ストイックと言ってしまえば聞こえは良いかも知れないが、そうでもない。

ストイックなんてものは我武者羅とは違う。
描くイメージに追いつこうと随分と捨ててしまったものもある。自分の中にある圧縮されたイメージを具体的に再現するとなると「賭け」に近い感じもあって、それは断定する怖さがあった。いわゆる曖昧さを持たせない答えだ。随分と窮屈なコーヒーになってしまわないか、またはお店になってしまったのではないかと不安を通り越し心配だった。

そんな心配をよそに忘れて楽しむ店長やスタッフ、自分がいたこと。
前を向き進むこと、シンプルには覚悟がいるな、と改めて知った。

新しく目標を持てたこと、その先を見てまた進んでいこうと強く思っている。
色々とお楽しみに。

それではまた。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

秋田で田舎暮らしとコーヒー

私の住む秋田県湯沢市は人口約4万7千人ほどの小さな街だ。コーヒー屋を開業して15年が経った。今でこそスペシャルティコーヒーを知る人は多くなってきたが、当時はそ…

  • 435 view

雨上がりの午後カップの中にはコロンビアがなみなみと注がれている。私にはまだ熱いからしばらく放置して、ちょうど良い温度になったら口にしようと楽しみにしていた。…

  • 85 view

お盆になると小学校の夏休みを思い出す

夏休み雰囲気が良い仕事を終えてからお墓参りへ出かけた。すっかり暗くなってしまい携帯のライトで足元を照らしながら歩いた。私の家は25代ほど続いておりお墓も数…

  • 67 view

磨くということ

技術を磨くことと自分を磨くこと焙煎で思うようにいかず悩ましい日々を過ごしていた頃があった。もちろん今だって上手く出来ないこともある。しかし今思えば、技術と…

  • 47 view

コーヒーの香りで旅気分

香りで思い出す景色いざ生産国へ行くとなると緊張気味になる。どんなところでコーヒーが育っているのか、どんなコーヒーが待っているのか楽しみでならないのだが。しかし…

  • 50 view

雪国に暮らすということ

春を待つ楽しみ雪国に生まれ育った私はいつの間にか春を待つことが楽しみになっている。「春を待つ」という言葉もいい雰囲気だ。秋の紅葉が終わりを迎える頃に冬支度が少し進んで…

  • 47 view