夏至

  1. DIARY
  2. 116 view

夏至の日に考える

暦の上で季節を表す「夏至」。
こう言う季節感を大切にしているのがとても良い。

昨日からニイニイゼミが鳴き始めた。
森に響くゼミの声もまた季節を感じさせてくれる。

少し涼しい日で、雨上がりから陽が差してまた薄曇りになった。
夕方過ぎからお店周辺の草むしりを提起的にしているのだが、作業後のコーヒーがとても美味しい。外で飲むコーヒーが癖になってきた。

お店のすぐそばに神社があり、沢から流れてくる冷たいお水で今度はコーヒーを淹れてみようと思う。神社や外での夜カフェも面白そうだ。

蚊も多いが雰囲気が良いので色々と妄想が広がる。
お楽しみに。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

雨宿りとコールタール

消えるものと残るもの寒くなって雨音がぽつぽつと聞こえてきた。もう半袖だけでは寒い気温になってきて、里山にも秋が迫って木々の葉も少し紅葉してきている。何かと…

  • 193 view

来年が幸運でありますように

フィードバックの仕方今年も例年通りにあっという間に年末になった。果たして「あっという間」が良いのか悪いのかは分からないが目紛しく走ってきたように感じている。日…

  • 39 view

夕焼け小焼け

空が桃色になる「夕焼け小焼け」の「小焼け」は北原白秋の造語だった可能性があると何かで読んだのを思い出した。写真では桃色と紫が強く写し出されたが、本当は…

  • 129 view

春の匂い

面白さと難しさは共生している先日春先の東京へ行ってきた。雪解けがぐんと進んで土や木々の芽などの動きも活発になってそれらが混ざり春の匂いが増している。春の匂…

  • 75 view

雪とため息

先日、出張から戻ると雪が降り始めていた。毎年11月20日前後には初雪が降っている記憶がある。雪の降り始めには、いつも綺麗だなと眺めているのだけど、どん…

  • 128 view

考える時間

いつも同じでないことへの理解カップに入ったコーヒーや豆は見た目はなんでも同じように思われていることがまだまだ多いように思う。コンビニやスーパーのコーヒーや、近…

  • 145 view