gita Web Magazine はじめました。

  1. DIARY
  2. 390 view

はじめまして

コーヒー豆を焙煎をして販売し始めたのが14年前、時間が経つのは早いものです。その頃はまだインターネット上で文章を書くことなんて想像してもいなかったので、今になって思い返せば色々と便利になりました。それから数年後にお店のブログを始めて様々な方達とのコミュニケーションが可能になり、また出会いを頂いたりと繋がりは多岐に広がっていきました。今更ながらインターネットがあればこその仕事や会話もあるのだと思い知らされるのですが、その反面にとても大切なことが抜けてしまうことも懸念していました。何が「大切なもの」なのかは未だにグレーな感じに見えている私ですが、人の心の温度なのでしょうか。情報の取り扱いが熱しやすく冷めやすい性質のようにも感じています。それは1つの情報として収集されて、手書き文字の様に筆圧や癖による個人の表現は感じにくくなってしまいました。便利さゆえの落とし穴かも知れません。顔の見えない繋がりが当たり前にも感じてしまうご時世ですから特段に嘆いていることではありません。あしからず。
前置きが長くなりましたが、この度「gita Web Magazine」を始めることにしました。
ずいぶん前から考えていたことでしたが、なかなか進められず、今ようやく始めることができました。コーヒーのことやそれを取り巻くことも、また今ではスタッフも増えて視点や思考が広がっていて、それがとても個性的で面白いのです。人の感覚の面白さや個々の優れている箇所や普通のことなどを集めてみたら結構楽しいかもなんて今更ながらに気付き始めました。これまで蓄積してきた経験も体験も、知識や感触も外に出してみようと思います。それはとても怖いですが、風雨に打たれて磨かれるのか、朽ち果てるのか、何れにしても良質な変化をすると思います。業務はコーヒーに留まらず、まだまだ小さい部門ですが写真やデザインも加わり少しづつお声がけ頂いてます。買い付けや撮影での出張、ものづくりの過程での風景はとても良い風が渡っています。その一瞬や、言葉たちは私を支えてくれる一部にもなっています。本当にありがたいことです。

その微細な一片を個々の視点で紹介していこうと思います。コーヒー片手に楽しんで頂けたら幸いです。

株式会社 gita
代表取締役 田村 寛維

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

雨宿りとコールタール

消えるものと残るもの寒くなって雨音がぽつぽつと聞こえてきた。もう半袖だけでは寒い気温になってきて、里山にも秋が迫って木々の葉も少し紅葉してきている。何かと…

  • 284 view

外に出て飲むコーヒーが最高の季節だ

自分で飲むコーヒーは良い意味で適当に飲みたいと思うコーヒー豆をきっちり計って少し粗めに挽いてみる。挽き目はお好みでいい。今日はさらりと口溶けが良く軽や…

  • 185 view

いつかの空、いつかのコーヒー

燃えるような空はあっという間に燻んで冷めていった。早くも10月は終盤を迎えてしまい、紅葉は里山までに降りてきた。こちらの記事の更新では、あれよこれよといい加減…

  • 186 view

『春近し』と思えば叶う

しばらく出張が続く2月に入ってから出張がポンポンとあり5月くらいまで方々へ行ってくる。九州、北海道、神戸、東京、新潟、バンクーバー、シアトル、北海道ととても賑…

  • 40 view

秋田で田舎暮らしとコーヒー

私の住む秋田県湯沢市は人口約4万7千人ほどの小さな街だ。コーヒー屋を開業して15年が経った。今でこそスペシャルティコーヒーを知る人は多くなってきたが、当時はそ…

  • 568 view

抽出というのは何事にも通ずるか?

今日はコーヒー豆をできるだけ細かく挽いてドリップした。できるだけといってもエスプレッソ用までにはいかない程度に留める。単なる気分転換だ。抽出されたコーヒーは味…

  • 117 view