雪がしんしん降る夜

  1. DIARY
  2. 23 view

写真の整理とコーヒー

一昨日に出張から戻り水道の蛇口をひねると水が出なくなっていた。数日間留守にしていたので凍ってしまったかと一晩中ストーブで温めて、電気ストーブを配管近くに置き様子を見るも全く駄目だった。2日間も水道を使えないと非常に困ることが多い。水道屋さんも週末で動けないし、困ったもんだと父に聞いてみたところ判らないと言うばかり。一緒にポンプを見に行くと、何てことはない、出張中にポンプの清掃をして元栓を閉めたままだった。そりゃ出ないよ、おとうさん。。

蛇口からお水が出るようになったので、先日取材した熊本県高森町の写真を整理しながらコーヒーを飲み、あと一歩踏み込んでみよう、もう少し違うアングルもいいかもなどと思う。毎回出張のたびに課題を得るので次回の撮影の糧にしようと思う。外はしんしんと雪が降っていて穏やかな夜になっている。人と人の繋がりで出来上がっていく大きな気持ちがいつか形になっていくなんて素敵だなって思う。いつか形になるまで諦めずに進むまでよ。

コーヒーは明日にはドサッと入荷予定だ。新しい豆も入荷するのでどのように仕上げようか考えるのは楽しみの一つ。爽やかな酸がサラリと流れて心地よい残り香がフワッと舞い上がる、なんて情緒あるよね?なんて妄想中だ。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

夏至

夏至の日に考える暦の上で季節を表す「夏至」。こう言う季節感を大切にしているのがとても良い。昨日からニイニイゼミが鳴き始めた。森に響くゼミの声も…

  • 107 view

書けないから、書く

お湯割と焼きめざし何か書こうと思いパソコンを開いてみたが、昼間に思い付いたことが夜になって思い返すと書くほどというか書きたいほどでもない。仕方なく熊本へ行った…

  • 20 view

窓ガラスに張り付いた雨蛙

俄雨周囲が暗くなって少し風向きが変わると一気に雨が降り始めると、蝉の声が小さくなり蛙の声に変わっていった。カップの中にはコロンビアとマンデリンで作った…

  • 143 view

雨宿りとコールタール

消えるものと残るもの寒くなって雨音がぽつぽつと聞こえてきた。もう半袖だけでは寒い気温になってきて、里山にも秋が迫って木々の葉も少し紅葉してきている。何かと…

  • 139 view

雪降る夜、コーヒーと石焼き芋

甘い香りは共通点だがこだわり抜いたものではなく、ごく普通の石焼き芋とコーヒーを両手に持って窓の外を眺めながらもぐもぐしている時に「甘い香りはどちらもあるけど、…

  • 188 view

考える時間

いつも同じでないことへの理解カップに入ったコーヒーや豆は見た目はなんでも同じように思われていることがまだまだ多いように思う。コンビニやスーパーのコーヒーや、近…

  • 102 view