日本で最も美しい村 季刊誌取材 吉野町編②

  1. DIARY
  2. 65 view

花の漂う町

昼食を済ませすぐに取材を始める。
取材先へ挨拶を済ませると外に出て細い道路を歩いていく。この角を曲がるとどこへ出るのか分からないままに進んでいく。好奇心のアンテナを伸ばして散策していく。

吉野町役場秋雨編の小道が入り組んでいて良かった。何か気分の良いことがあったのか鼻歌交じりで自転車を漕ぐ男性と二度すれ違った。

散策途中に見つける花が陽に照らされて眩しい。歩き回っているとほんのり汗ばむ陽気だ。

手応えのあった撮影の後は安堵する。
良い写真とは何かといつも考えているが写真という制限に捕らわれていたくないと感じているところがある。

吉野山へ。
山の上は寒かった。しかし桜は散り際だ。

夕暮れ過ぎて気温はぐんぐん下がっていく。旅情溢れる町並みを暗くなるまで散策する。

桜の儚さは美しいと思う。
暗がりの桜は朝にはまた数を減らしているのだろうな。

一日中歩き回って冷えた体に暖かなうどんと柿の葉寿司が染み込んでくる。旨い。
取材の最中にすれ違う多くの人たちや風景が記憶に積み重なり、古くから連綿と続いてきた人と町並みにはめ込んでいく。そうすることで自分の中の白地図に色が塗られる感覚がある。言葉に宿る力強さや優しさは、その人の表情に似ている。ある時ふっとそういう素性が出現する時がある。それもまたファインダー越しの世界なのだろうな。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

月に照らされると見えてくるものたち

静かな夜エアコンは数日前から切っている。日差しも鈍く天気は残暑といった雰囲気もない。夏から秋へと季節は移ろいでいて近所のサクランボの葉っぱは黄色になり落ち…

  • 44 view

梅に四十雀

大きめのカップ1杯分の分量GWは気持ちの良い天候に恵まれていて、お花も見頃の様で楽しい連休になっているかと思う。私はちょこまかと5月1日のリニューアルオープン…

  • 95 view

忘れ草

梅雨明け、湯沢、夏のひとり言梅雨明けして夏になった。梅雨明けしたら夜は涼しくなり虫の鳴き声が響いている。空の雲は秋のように広がって夏がそろそろ終盤近くに感…

  • 19 view

コーヒー生豆の香り

しっかりとしたフルーツ感焙煎後のコーヒー豆の香りは芳しく果実に例えられたりカカオを想起させたり色々とある。生豆の香りはというと、これも果実感が強いものから…

  • 225 view

梅と桜の蕾が膨らんで

春を待っていた4月に入りあっという間にそろそろGWといった雰囲気になった。今年は10連休だそうで、とにかく長いね。羨ましい。それはそうと先日は綺麗な満月の…

  • 133 view

野良猫の鼻歌

テクテクと歩き蝶を追いかけたり桜の花びらを追い回していたかと思うとまた何かを見つけたりしている。一見注意散漫にも見えるがそうでもなさそうだ。草むらの中かに体半分くらい…

  • 139 view