コーヒーカップに詰めるもの

  1. COFFEE
  2. 143 view

どれだけ飲んでも、どれだけ焙煎してきても、次から次へとイメージが膨らんでくる。
抽出はある程度固定されたレシピのもと手順が身に付いてくると、そのブレ幅が見えてくる。また手っ取り早くコーヒーメーカーで入れて味見をしたりすることもある。コーヒー豆が持つ魅力的な個性をカップに再現することはそう容易いことではない。

生産地でコーヒー豆を大切に育てている人たちがいる。
お店に辿り着くまでは多くの連携プレーが成されており、結果、品質が担保されていくのだ。そういう一連をたくさん見てきたわけだが、いつの頃からか美味しいコーヒー作りという主観的なものに振り回されるのが嫌になった。技術を磨くことは嫌いじゃないし、今でも進んで取り組んでいるから何て言えばいいかな、本来スペシャルティコーヒーとは生産者の顔が見えるコーヒーなのに、あまり主観的になるとそれが希薄になってしまって、後付けしたようにメモ書きされている感が否めなくなった。

それはブランディングが良くないなどと言われたことがあるが、それもあると思うが、なぜだかしっくりこなくなった。
もう少し自分が腑に落ちたいところだ。

ずっと以前は味見の時だけじゃなく、その後も味や香りばかりに目がいっていた。追いかけるものはコーヒーだった。
今はというと、味見の時とその後ではスイッチが違うのだ。自分が辿ってきた景色が流れていくようになり、まるでコーヒーカップの中に吸い込まれていく感じになったと言えばいいかな。それはとても心地く、まるで夢の中のようだ。

そういう心地よさをお裾分けしたいのだ。

技術や知識だけでは「表現」するには限界がある。
「再現」と「表現」を使い分けができるようにまた明日から取り組もうと思う。

それではまた。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

コーヒー、2分後の世界

コーヒー豆をミルで挽く。お湯を注ぐとモコモコと膨れ上がり芳香が立ち昇る。ハンドドリップの面白みはここら辺にあるのかも知れない。エスプレッソは、しっかりとコーヒ…

  • 152 view

スペシャルティコーヒーの再現性を高める

ポテンシャルを引き出すには様々な角度から観察をすることだ。しかし、余すことなく引き出すのは少し考えてしまう。全て出し切ってしまえば余計なものまで出てきてしまう…

  • 131 view

ホタルカフェ@こおひい工房 珈音

新月の乱舞と満天の星空6月下旬から7月15日までの毎週土曜日は男鹿市の「こおひい工房 珈音」さんとホタルカフェでコラボでカフェをしている。もう7年目を一緒…

  • 449 view

エスプレッソとカレー

凝縮感と一体感かれこれずっとカレーを作り続けている。毎日のルーティンワークにすらなっている。スパイスの配合が面白い時期もあったが、そこでコーヒーに置き換えてみ…

  • 390 view

トローリ

香りを探して、質感を探して、もう一度、もう一度。…

  • 196 view