日本で最も美しい村 季刊誌取材 小値賀町編③

天候は回復の見込み、風強し早朝に目覚めて慌てて部屋のカーテンを開ける。前日まで低く垂れ込んでいた雲はないが風がめっぽう強く、町内放送で連絡船の欠航のアナウンスが流れていた。こうなると島の生活物資や漁業、仕事への影響が出てくるだろう。島の生活は自然環境と共生しているのだ。この日は学芸員の方…

外に出て飲むコーヒーが最高の季節だ

自分で飲むコーヒーは良い意味で適当に飲みたいと思うコーヒー豆をきっちり計って少し粗めに挽いてみる。挽き目はお好みでいい。今日はさらりと口溶けが良く軽やかに流れていく気分だ。選んだコーヒーは「ホンジュラス ミゲルエンジェル」しっかりボディでフローラルな香りがあって後半はカカオぽさを残していく。…

空に広がるマンデリンの香り

思い入れのあるマンデリンタイトルが壮大だが、何てことはない、焙煎が上手く仕上がって嬉々としているのだ。マンデリンに限らずだが思い入れが強くある。マンデリンの香りを吸い込むとインドネシアへ行った時のことが瞬時に蘇ってくる。肌に纏わり付くアジアの熱気にむせ返りながらバスの中はキツめの冷房が効いている…

日本で最も美しい村 季刊誌取材 小値賀町編②

風と波の音が響く朝仮眠室でウトウトと少し眠っているとターミナル管内が騒々しくなり目が覚めた。どこからか来たのか、それとも出かける人たちなのか、島の移動手段は船しかなくとても大切な交通機関になっている。以前は飛行機の定期路線があったようだが現在は運休中だ。外は相変わらずの天候だ。強く吹…

日本で最も美しい村 季刊誌取材 小値賀町編①

五島列島は小値賀島へGW明けに「日本で最も美しい村 季刊誌」の取材で長崎県北松浦郡小値賀町へ。小値賀町(おぢかちょう)は、長崎県の五島列島北部に位置し小値賀島と周辺の島々を行政区域とする町で人口は2,500人弱ほどで自然と共生している暮らしを感じる。五島列島はいつか訪れてみたい土地だった。秋…

春景色のゴールデンウィーク

GWも後半すっかり春景色に包まれた湯沢市もGWで帰省中の方々が多く訪れている。心なしかGWに桜は間に合ったものの散るのが早いかとも感じたが、この儚さも美し…

  • 168 view

桜が咲きましたよ

りんご畑の消毒の音と山里の桜数日前から陽気なお天気で、思わず半袖になってしまいそうな気温がとても良かった。しかし昨日から薄曇りの小雨模様になり気温は低…

  • 182 view

caffe gita yokote 臨時休業のお知らせ

設備点検のため臨時休業4月10日〜12日の期間「横手駅前温泉ゆうゆうプラザ」様の設備点検があります。これに伴い4月10日〜12日までcaffe gita yo…

  • 124 view

考える時間

いつも同じでないことへの理解カップに入ったコーヒーや豆は見た目はなんでも同じように思われていることがまだまだ多いように思う。コンビニやスーパーのコーヒーや、近…

  • 108 view

春の匂い

面白さと難しさは共生している先日春先の東京へ行ってきた。雪解けがぐんと進んで土や木々の芽などの動きも活発になってそれらが混ざり春の匂いが増している。春の匂…

  • 68 view