NIIGATA COFFEE FESTIVAL 2017 Autumn@長岡市

  1. COFFEE
  2. 183 view

長岡までの道中は

本日開催の『NIIGATA COFFEE FESTIVAL 2017 Autumn』のため昨夜に長岡入りした。夕方に秋田を出発して途中でラーメンを食べてコンビニでどら焼きを食べて少しの眠気にも負けずにやって来た。車中では国名縛りのしりとりを飽きもせず延々と続け、ちょっと怖い話などで鳥肌をサワサワしながらあっという間に長岡市に到着した。

久しぶりに3人で揃い乾杯できて良かった。ほんじつの出店ではコーヒーを楽しんでもらいたく3種の豆と焙煎度合を微妙に変えたのを持参してきた。酸の質感の変化や香りの変化、冷めてからの味わいの変化など観察しながら口にすると面白さを発見できるかも知れない。

多くの来場者が予想されるので忙しく抽出に追われてしまうかも知れないが、遠慮せずにお気軽にお声がけ頂けたら何よりだ。

コーヒーは楽しい!

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

紛れこむものの作用

カエルの合唱が風に乗って聞こえてくる。そろそろ田圃に水が入る季節だと知れる。こういう里山の田舎では自然からたくさんの便りがある。今年も「アカショウビン」が来て…

  • 98 view

ハンドドリップの妙

抽出技術だけではない仕事柄やっぱりよく聞かれることは「おすすめのコーヒー豆は?」や「ハンドドリップのコツはあるの?」などが多い。もちろん聞かれることにはし…

  • 255 view

コーヒー豆の声と言うのはつまり

モノづくりの楽しさと難しさ焙煎や抽出をさらに磨いて、ピカピカになるまで更に磨いて、もっともっととやっている内に陽は暮れて行くし歳もとっていく。自分の技術を磨くのは…

  • 213 view

好きと、美味しいコーヒー

自分の「好きと美味しい」はどこからやって来るのか?言葉の意味だけでは然して面白味もなく、端的になってしまう。「好きと、美味しい」はどちらも似ていて状況などによって…

  • 269 view