新春のコーヒー

  1. COFFEE
  2. 289 view

新年の朝、コーヒーを飲もうとコロンビアへ手が伸びる。
今朝はリッチに仕上げたく少し多めに27gを粗挽きで挽いた。抽出量はいつも通りの300mlで、なみなみに私のカップへ注がれる。「ぴの」が机の下に隠れて私に飛びかかろうと狙ったところで彼は隠れるのがヘタクソだからヒラリとかわすので未だに溢してはいない。ただ例外があるとすれば、狙っている最中に気が変わりグズグズに甘えたくなって足元でヌルヌルと粘液のように纏わり付いたりして足の踏み場がなくなった時はコーヒーの半分は床に吸い込まれる。手と袖が熱く濡れたまま「ぴの」を見ると目を丸くしているばかりである。

机に座り仕事をしようとパソコンを開く。コーヒーの香りがキラキラと漂ってきて嬉しい。朝のスイッチが入る。
ファイルを開いた時に、ここぞとばかりに彼は膝の上に乗り込んで撫でろと上目遣いをされる。
そんな新春の朝だった。

一つのことを深く掘り下げて進むのが好きだ。
結果遠回りになるが色々と経験が積み上がっていくのは良い。
そういう生き方をしてきたんだと思う。ただそれが中々活かされていないのは外へ出していないからだろう。今年はその辺りを含めて行動しよう。自分がどんどんアナログ化していっている気がしている。自分の手足を使い動いて感触を得たいのだ。もう少し自分を感じられる動き方をしないと後悔をすると思ったからである。いつの間にか常識的な答えしか出さなくなっていたことにふと気が付いた。それが悪いとも、まして非常識が良いなどと言おうとしている訳ではないことを付け加えておきたい。単に常識に囚われていてつまらなくなっている自分がいる。

コーヒーの香りはいつも微妙に変化している。味も然り。
ぴのはどこからともなく狙っているが、毎度同じパターンでは攻めてこない。そしてついでに言わせてもらえば、カップの中に何が入っているのかとズボっと顔を入れるあれ、やめてもらっていいですか。

いつも大体違うということが当たり前のことで、状況により必要な場合があることは承知だが、そこへ決まった答えはなくても良いのではないだろうか。

もっともっと自由になれるはず。

それでは本年もよろしくお願い致します。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

爽快コールドブリュー

27度の夏日だった。そろそろ水出しコーヒーを仕込もうかなと思わせ振りなお天気だった。「水出しコーヒー」というのは近年では「コールドブリュー」などと呼ばれたりしてい…

  • 165 view

グァテマラ ロス セラヘス

優しい甘さが印象的派手な香りがあるわけではなく、と伝えると面白味のない感じになるけどそんなことはない。ローストしたアーモンドのような甘さを連想してくれる心地よい香りが…

  • 109 view

甘酸っぱいエスプレッソ

吟味する素材の持ち味を知ること。それに尽きるところだが、それを知ろうとすると多方向からのアプローチは必要だ。カッピングから始まり、ドリップで抽出時間や温度、粒度を…

  • 181 view

長岡市へ

NIIGATA COFFEE FESTIVAL本日3月26日に新潟県長岡市にて『NIIGATA COFFEE FESTIVAL』が開催される。そこで出店するの…

  • 65 view

抽出されたコーヒーの中には

たくさんの人の手遅ればせながら「A FILM ABOUT COFFEE」を観た。生産地へ訪問し始めてから見てきたものが画面に映っていた。知らない内に色々な体験をさせて…

  • 51 view

ある日のコーヒーの香り

秋の夕暮れコーヒー日が暮れ始めると途端に寒くなってくる。あっという間に10度くらいまで下がりそろそろストーブの準備をしなくてはと思うこの頃だ。店内は焙煎機…

  • 213 view