長岡市へ

  1. COFFEE
  2. 38 view

NIIGATA COFFEE FESTIVAL

本日3月26日に新潟県長岡市にて『NIIGATA COFFEE FESTIVAL』が開催される。そこで出店するので長岡市へ前日入りをした。道中、雨が降ったり、吹雪いたりしたが新潟へ入る頃には眩しいくらいに晴れた。昨夜はスタッフと遅くまで準備をしていたため全員が寝不足な感じだ。車で約5時間のロングドライブでは久しぶりの海やコーヒーの話し、音楽の話しで眠気を振り払い、時には甘い食べ物を頬張ってようやく長岡市へ到着した。

今回の主催である「GOOD LUCK COFFEE」さんに立ち寄り挨拶をする。当日の朝の流れなどの説明を受けてからコーヒーを頂いた。丁寧に抽出された味わいにホッとひと息ついた。

お洒落な落ち着く店内には沢山のお客さんで賑わっていて帰り際の対応も素敵で愛されているお店だなと感じた。このような方たちとコーヒーを通して関われることは本当に嬉しいことだ。

ホテルへチェックインして少し明日の準備をしてから会場の下見へ行った。とても素敵な空間で開催されることを実感する。その後、居酒屋へ行き夕食をとりながら明日の綿密なミーティングをしながらイメージが浮かんでくる。もしかするとお湯が足りなくなってしまうことを懸念しながらも回避策をネリネリし、少し酔っ払い眠くなってきた頃に「コーヒーの面白さ」を伝えるにはどうしたら良いのかと考える。コーヒーの面白さは香りや味わいよりももっと面白い要素があると感じている。勝手に感じているのだから仕方がない。

なんて言えばいいのかな、物からの恩恵だけでは少し足りなくて、人は自らもっと能動的にコーヒーと繋がっていた方が面白くなるということだ。もっと聞きたい方がいらっしゃったら遠慮なくお声がけ頂けたら嬉しいな。

本日は皆様のご来場心より楽しみにしております!

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

コーヒー、2分後の世界

コーヒー豆をミルで挽く。お湯を注ぐとモコモコと膨れ上がり芳香が立ち昇る。ハンドドリップの面白みはここら辺にあるのかも知れない。エスプレッソは、しっかりとコーヒ…

  • 105 view

スペシャルティコーヒー豆の焙煎

どんなコーヒーにしたいのかスペシャルティコーヒー豆は個性豊かで質感が素晴らしいもので、またその流通過程の透明性もあり安心感もある。その素晴らしさをカップの中へ…

  • 39 view

トローリ

香りを探して、質感を探して、もう一度、もう一度。…

  • 105 view

甘酸っぱいエスプレッソ

吟味する素材の持ち味を知ること。それに尽きるところだが、それを知ろうとすると多方向からのアプローチは必要だ。カッピングから始まり、ドリップで抽出時間や温度、粒度を…

  • 143 view

カッピングスプーン

コーヒー豆を知ること仕事柄コーヒー豆について色々と聞かれることが多い。香りや味わいはもちろん、栽培のことや精製方法や生産地でのこと、また技術的なことも然り、色…

  • 150 view

考える時間

いつも同じでないことへの理解カップに入ったコーヒーや豆は見た目はなんでも同じように思われていることがまだまだ多いように思う。コンビニやスーパーのコーヒーや、近…

  • 102 view