不思議な小さな世界

  1. DIARY
  2. 90 view

エッセンス

エッセンスが欠けてしまうと何か感触がないような感覚になる。そのエッセンスはどこなのか?

何事にもどこかに隠れていたりするのだが、なかなか姿を現さないこともある。とりわけ隠れているのではなく、見付けられないことが多いのかも知れないが、諦めて何か他のことをしている時に出てくる失せ物のように顔を出すこともある。もしくはそのエッセンスを生み出す側の時も簡単ではない。それほど大切なものだ。魅きつける要素として磨かねばなるまいと一所懸命になることもある。新たに仲間に加えたいカレーにもエッセンスを注入していきたいものだ。

caffe gita湯沢店『夜カフェ』

caffe gita湯沢店で「夜カフェ」をしてみたいのだが、いかがだろうか?
店舗内は現在は事務所と焙煎所、在庫保管場所となっており喫茶スペースを設けていない。豆販売主体で営業をしていてご不便をおかけしている。今のところ試験的な内容も含みご来店される方と少しずつアップデートしていこうと思案中だ。そんな訳で、外で焚き火を囲みながら「夜カフェ予行練習」をしていたらなんとも心地よかった。アイディアが沸々と湧き上がり世間話さえも雰囲気が出てくる。

そこは不思議な小さな世界になった。

手に持つ温かいコーヒーが嬉しい季節になった。焚き火を囲んで汗をかきながら食べたカレーの美味いことといったらなかった。今のところいつから開始するとは決めていないが、興味がある方がおられたらご連絡頂けたら開催日程を調整するので是非体験してもらいたい時間だ。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

アバター

コーヒー豆の買い付けで海外へ行き、コーヒー豆の消費国と生産国で多くのバリスタと出会いコーヒーの世界観はまだまだ広がっていく。人の魅力はどこからやってくるのか、撮影の折にいつも思う。美しさとは何なのか、近年のテーマとなっている。旅はこれからだ。

caffe gita yuzawa / caffe gita yokote オーナー
株式会社 gita 代表取締役

記事一覧

関連記事

コーヒーをひとくち

希薄さなんてものが丁度良かったりする時代なのか、それなりに満たされて過ごしているんだなと感じる。憂いているとか、嘆いているの類ではなく、何だか物足りなくて面白くない。…

  • 100 view

雨宿りとコールタール

消えるものと残るもの寒くなって雨音がぽつぽつと聞こえてきた。もう半袖だけでは寒い気温になってきて、里山にも秋が迫って木々の葉も少し紅葉してきている。何かと…

  • 168 view

考える時間

いつも同じでないことへの理解カップに入ったコーヒーや豆は見た目はなんでも同じように思われていることがまだまだ多いように思う。コンビニやスーパーのコーヒーや、近…

  • 125 view

春景色のゴールデンウィーク

GWも後半すっかり春景色に包まれた湯沢市もGWで帰省中の方々が多く訪れている。心なしかGWに桜は間に合ったものの散るのが早いかとも感じたが、この儚さも美し…

  • 174 view

ある子猫の生涯

虚無と花子猫が倒れていた。目脂と涎で顔は汚れ失禁していて時折思い出したように苦しく深く息をし、まるで嗚咽するかのようだった。瞳孔は開き血色無く身体は冷…

  • 240 view

コーヒーについて

10月に入り朝と夜は寒くなった。そろそろストーブに火を着けたいと悩んでしまう気温だ。だから長袖を着て机に向かっている。先日、久しぶりに神戸へ行きコーヒ…

  • 177 view